281: 名無しさん@おーぷん 21/07/23(金)11:43:58 ID:fJ.eq.L1
双子をワンオペ育児してた真っ最中、夫(今は元夫)の浮気相手が訪ねてきた時。

現在高校生の息子たちは起こしても起こしても起きない子に育ったが、赤ん坊の頃はそりゃもう寝なかった。
そしてよく泣いた。
おむつは替えたし満腹のはずなのに泣く。
そして一人が泣くともう一人も泣く。
やっと片方が寝た…と思ってももう片方は寝なくて、その子がぐずるとやっと寝た子も起きちゃう。
誇張無しであの頃トータル睡眠時間2時間を切ってたと思う。
細切れに数分寝て起きて…の繰り返し。
その頃、妹が『幸せな育児を撮ってあげる』と悪気なしで写した写真には、髪を振り乱して緑っぽい顔色をした化け物が写ってる(双子はかわいく写ってた)。

そんなある日、家に浮気相手の子がやって来て、居間に通したらナンタラカンタラしゃべりはじめた。
でも寝てない私の頭ではさっぱり理解できなくて、
「すみませんあとで聞くから録音させてください」
と言って録音。
でも10分くらい聞いてたら、夫の彼女なんだってことはおぼろげにわかった。
その子は当時の夫から
「専業なのにダラで何もしない女」
と聞かされてたようで(実際は働いてて育休中)、私が双子育児してたことを知らなかった様子だった。
あとで録音を聞いたら最初は
「別れてください!」
な感じだったのがどんどんトーンダウンしてた。
最終的に私が双子を抱きながら
「こんななんでまた今度にしてもらえますか」
と言ったら
「はい、すみませんでした」
と帰っていった。




私は浮気にまったく気づいてなかったし、それどころか時間の感覚がなくて、夫が毎日帰宅してるかそうでないかもわかってなかった。
とにかく『目の前の生き物を死なせない、泣かせない』ことしか考えられなかった。

そしてその日か次の日かわからないけど元夫が帰ってきたとき、
「そういえばあんたの彼女来たよ」
と言った。
元夫は
「?」
という顔をしてたが
「何々さん」
と彼女の名前を言ったら青ざめた。
「いつ?」
って訊かれたが
「わからない」
としか言いようがなかった。
元夫が謝りはじめたけど、
(そんなのどうでもいいから早く一人だけでも抱っこしてほしい)
と思ってた。
元夫の頭髪を見て蕎麦を思いだしたから
「蕎麦がどうこう」
と言ったのは覚えてる。
そこで記憶が途切れて、気づいたら元夫はいなくて私は下の子のおむつ替えしてた。

そしてまた記憶が途切れて、気づいたら家に元義母がいた。
元義母は元夫に何か怒鳴ってた。
元夫は
『浮気相手が来たショックで(私)が狂った』
と思ったらしい。
それで元義母を呼んだんだけど、元義母は私の状態を見て極度の睡眠不足と栄養失調だとわかったらしい。
元夫を怒鳴ってたのはそのせい。
私は元義母の車で病院に運ばれて点滴を受けた。
起きたら双子がどこにもいなくてその時初めてパニクった。
(いない!まさか死なせちゃったのか!!)
と思った。
実際は生きてて、元義母とその妹に面倒みられてた。

その後、私の実両親も田舎から駆けつけて、私は妹に
「これ聞いといて」
と例の録音を渡した。
その録音で私の実家に元夫の浮気がバレ、浮気相手は普通に名のってたから彼女の素性もすぐバレた。
元夫が前の課にいた時の部下だった。

その後は1年くらいかけて離婚したんだけど、記憶の7割くらい欠落してる。
ただ育児を妹と元義母妹が手伝ってくれるようになったから、ぐっと楽になった(それ以外の人は働いてて無理だった)。
妹の話だと元夫は土下座したり逆ギレしたり忙しかったようだが、
全然覚えてない。


1つだけ後遺症?があって今も蕎麦が食べられないです。

おわり。



ソバニイルヨ