914: 名無しさん@おーぷん 21/05/01(土)09:32:30 ID:8d.5t.L1
衝撃的な体験というか電話なんだけど。

去年の今頃、自分の職場は急に異常に需要が高まった製品を製造していて、自分達は連休返上で仕事をしていた。
問い合わせの電話もすごくて、昼夜問わず電話が鳴り続けていて、ローテーションで電話当番が出来たほど。




自分が電話当番だった時に、取った電話の相手にいきなり怒鳴られた。

「アンタんとこが忙しいのかどーかは知らねぇけどなぁ、××帰させろ!
この時期ウチの女どもは田んぼの手伝いと宴会の準備すんのが常識なんだ!
いいか?
◯◯敵に回したくなかったら××は絶対に帰させろ、わかったな!(ガチャン」


早口でよく分からなかったけど、通話は全て録音されてたから何回か聞いて、“帰省命令” だと分かった。
××さん(入社数年の若手女性)の名前だけ分かったから後から聞いてもらったら、
「忙しいのにこんな電話取らせてしまってすみません」
と謝られてしまった。
“父方の伯父” だそうだが、
「男尊女卑の塊のような人で昔から大嫌いだった」
「◯◯敵に回すとか言ってるけど、伯父にそんな権力も人脈もありません。
本家筋から注意してもらいます」

と言われ、それ以降電話は無い。

自分は田舎の無い家庭で育ったので田舎というものが分からないけど、令和の時代においてもあんな強烈な男尊女卑思考の人がいるのが衝撃だった。



増補版 寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち
増補版 寄生蟲図鑑 ふしぎな世界の住人たち