126: 名無しさん@おーぷん 21/05/28(金)12:40:06 ID:8B.a4.L1
父に二度捨てられた?こと。

一度目。
私が二歳のとき、両親が離婚。
私を母が妊娠中、父が上司に連れられていった闇スロ店で改造スロットに大ハマリ。
ギャンブルで借金→DVコースをたどったため離婚した。
養育費は踏み倒され、父は私のことを
「一生会わんでいい、興味ない」
と言い放った。

二度目。
母がもらい事故で入院、おまけに相手にゴネにゴネまくられ働けず慰謝料も振り込まれない。
役所は『お母さんが退院すればまた働けるよね?』の一点張り。
困窮した私(当時JK)は母のアドレス帳を見て、なりふりかまっていられず父方祖父母に連絡。
母に黙って会い、お金を借りた。
そしたらそれを聞きつけたらしい父から連絡があった。
「おまえにずっと会いたかったが、(母)に拒否された。
俺のことを『ひどい男』と聞かされているだろうがそれは全部嘘だ。
俺からおまえを取りあげて逃げたひどいお母さんだけど今は許すよ、おまえにもう一度会えるなら」

と切々と訴えられた。
「会いたい」
と言うので待ち合わせ場所に行った。
だが父は私を一目見て、
「えー…?」
と言っただけでくるっと背中を見せて去っていった。

思ったのと違ったんだろうね。
もっと可愛いJKを想像してたんだろうが、その時の私は痩せてガリガリ。
シャンプーやリンスを買えず石鹸洗いの髪はゴワゴワで、美容院も行けず伸ばしっぱなし。
服はフリマで買った、なんちゃって森ガール風…と当時は思ってたが今思えばかなりのホームレススタイル。
それきり父とは連絡が途絶えた。

その後、母が回復しなんとか復職して、慰謝料も値切られたがもらえた。
私はバイトできる歳になり、借りたお金も返せて、なんとか窮状をしのいで生きていけた。

母の入院中に父と会ったことは、黒歴史として封印してたんだが、このたび私に結婚話が持ち上がり、母に
「(父方祖父母)に一応連絡する?」
と言われたので初めて話した。
母を泣かしてしまったが、
連絡しなくてよくなったので結果オーライである。

しかし父よ、貧乏でも美貌を保っていられる少女なんて二次元だけだぞ…。



ほんとうの話
ほんとうの話