823: 名無しさん@おーぷん 21/02/16(火)11:32:21 ID:CF.e2.L1
私は子供の頃、実の父親に誘拐されたことがある。

両親は離婚済みで(理由は父のDV)、私はその頃小学生。
学校から家に帰る途中、車に乗った父に窓を開けて話しかけられ、
「これからお母さんに謝りに行く」
って泣かれた。
まだ子供だった私は信じてしまい、車に乗ったら母実家ではなく別方向に車が走り出した。

「帰して」
と言っても父は無言でハンドルを握っていて、その顔がとても怖かった。
「トイレに行きたい、止めて」
と必死で頼んだが止めてくれなかった。




でも二時間くらい走ったとこで父の方がトイレに行きたくなり、ドライブインに入った。
私も腕を掴まれ、男子トイレに連れていかれたが、先に中にいた男性が私を見てギョっとした顔をし、
「ここは違うよ」
と話しかけてきた。その時父が腕を離したので、走って逃げた。
逃げた先は女子トイレ。
すごく混んでいたので並んでいる女性に助けを求め、通報してもらった。

今だから書けるけど、その時に父に顔を舐められたのがトラウマで、誘拐自体もものすごく怖かったし
父そのものが怖くなった。
それから二度と会ってないが、五年くらい粘着された。

でも私が高校生になった時、粘着がピタっと終わった。
(誘拐するほど執着してたのになんで?)
と当時はずっと不安だった。
理由がわからないから、いつまた粘着が始まるか、対策もできなくて怖かった。

粘着が止んで十年以上経ち、
(いくらなんでももう再発はないかな…)
と思っていた矢先、父方祖母から連絡が入った。
『相続がどうのこうの』という件。
遺産はどうでもいいが、父の動向が知りたくて応答した。
そしたら父の粘着が止んだ理由がわかった。
「(私)の身長が(父)を抜いたことに気づいたから」
だって。
ちなみに私の身長は169cm。
高校ですでにこの身長だった。

父方祖母は『だからもう粘着はないから安心して』というつもりで教えてくれたようだが、気が抜けて笑えてしまった。
「相続とかどうでもいいし~ハハハ」
みたいな感じで切ったが、どっと疲れた。
小さくて可愛い娘しかいらなかったんだろうね。

怯えてたこの十年を返してほしいわ。



【商品名】