347: 名無しさん@おーぷん 21/02/12(金)08:24:49 ID:R0.vz.L1
元彼がことあるごとに
「俺を癒してね!」
って言ってくる人だった。


当時の彼から大卒高卒の給料格差だとか職場の中途社員の悪口だとか、あと『仕事がいかに大変だったか』『夜間見回りで寒さが堪える』など、LINE で、電話で、時には対面で愚痴を溢されては慰めてた。

でも人間愚痴ばっか聞かされると嫌になるもので、私だって嫌なことがあったら慰めてほしい。
仕事を頑張ったら褒められたいし、労られたい。
「なんで私だけ(彼)の全肯定botみたいなことをしてるんだ?」
と不満が嵩じて、ある時私が彼に
「聞いて聞いて、実はこんなことがあって…」
と職場の不満を溢したんだ。

そしたら結果は散々なもので終わった。




まず肯定されない、否定から入る。
例「それ、〇〇だったんじゃないの?××すればよかったんじゃないの?」
そして
「(私)にも非があったんじゃないか、こうすればうまくいくと思うよ」
とアドバイス?をされる。
次に、愚痴がヒートアップして強い物言いをしたら引かれた。
「どうしたの?今日はちょっと怖いよ…?」
みたいな反応をされて、なんだか拒絶された気になってしまった。
彼が給料格差で怒っていた時、私は自分も大卒だからモヤりつつも宥めたんだけどなぁ…。

あと『仕事の獲得件数がトップで表彰された』って話をしたら、
「そういえば俺もこうこうこうで上司に褒められたんだ~」
と、
会話泥棒をされた上に謎の対抗をされた。
なんでマウントしてくるの?なんで私を褒めてくれないの?

諸々の反応に、
(ああ、この人は癒しを求めるばかりで私のことはどうでもいいんだな)
と冷めてしまった。
そしたらもう以前のように彼に愚痴られても慰められないし、むしろ
「あなたにも悪いところがあったんじゃないの」
と突き放してしまう。
自慢話をされたら
「ふぅん」
で済ませてしまう。

異変に気づいた彼に
「どうしちゃったの??」
と聞かれて、
「せっかくのデートで愚痴なんか聞きたくないし、自慢されても反応に困る」
と正直に内心を打ち明けたら、
「あんなに優しかったのに」
と残念そうにされてむかっときた。
(そっちだって “優しく” 話を聞いてくれなかったでしょ)
と。

結局
「癒されないから」
と浮気されて、私たちの関係は終わった。

『愚痴は言うけど愚痴は聞きたくない』って男はもう懲り懲り…。
私はあなたのお母さんじゃないんだよ。
ポジティブシャワーを浴びたいなら私にも浴びせてくれたらよかったのにな。



【商品名】