510: 名無しさん@おーぷん 21/02/04(木)13:05:46 ID:4C.fg.L1
友人(A)がまた離婚したらしい。

別の友人Bから、
「そういうわけだから万が一連絡があっても取るなよ」
と一報が入った。

前回の離婚理由は、
共働きだったAが家事を全くしなかったから。
それにキレて前妻さんは家を出て離婚。
その後お互い再婚。
Aは専業主婦になってくれる人を見つけて、下衆だけど前妻さんよりも結婚期間は長くなってたんで、
(2人仲良くやってるんだろう)
と思ってた。




奥さんは1人目・2人目ともに自分も会ったことあるし、当時はコロナもなくてAとも飲んでたから、そこで馴れ初めとか色々と話してもらってたんだよね。
あとBがなんで離婚を知ってるのかといえば、俺含めて全員地元民で、Bのご両親とAのご両親が友達だから。

「ちなみに離婚理由は?」
と恐る恐るBに質問したところ…。
コロナ禍でAの仕事減って奥さんがパートはじめて、なのにAは1日の大半家にいながら家事をやらなかった。
その上、
「家事との両立を頑張る奥さんに家事についてケチを付けてたから」
だそう…。

再婚するときに、
「色々と頑張る」
って豪語してたのはなんだったんだよ。
「(年下の嫁さん)はあまり体強くないから、俺が支えなきゃ」
って笑ってた。
専業主婦なのはそこも理由だったんだと思う。
尚更今だろ支えるのは、お前支えられてるだけかよと。

人間、生きてれば大失敗することもある。
だから1回目の結婚は反省や謝罪するべき点はあっても、『これからちゃんと頑張れよ』って気持ちだった。
たぶんBや励ましてた他の奴らも、大小あれど似たような気持ちだったと思う。
A本人も結構反省してるように見えたし。

でも2回目は、金稼げない・家事しない上、家事にケチも付けて奥さんに見切りつけられての離婚。
となると、むしろそのAの頑なさが意味わからない。
そんなレベルで嫁さん怒らせる理由ある?って。

Bから
「あいつとちょっと距離おくわ」
と言われて
「俺もそうする」
と返した。
ここでいうところの、“無料の家政婦” 扱いを2回も実践する奴とは付き合いきれない。



懲りない生き方