507: 1/3 20/11/30(月)22:40:28 ID:93.gd.L1
元彼Aは大学のサークルの上級生だった。

私がAに一目ぼれして、数か月かけてアタックしてアタックして、やっと付き合いだした。
でもAは付き合いだしてからもそっけなくて、メールもろくに返事をくれなかった。
(当時は今ほど LINE が普及してなかった。)
Aは冗談っぽくだけど
「無理やり付き合わされてる」
と言ったり、私のことを
「ストーカー」
と呼んだりもした。
悲しかったけど、
(時間をかけてちゃんと私のことを好きになってもらえばこんな対応はなくなるはず!)
と、頑張っていたつもりだった。

珍しくAの方からデートに誘われた。
喜んでついていったら、縁切寺に連れていかれた。
ショックで顔をひきつらせたら、
Aは私を見て楽しそうに笑っていた。
いわゆるpgrとかプークスクスとかではなくて、
さわやかな、実にいい笑顔だった。
さすがにそんな笑顔を見せられたら私にもわかる。
『無理やり付き合わされてる』だの『ストーカー』だのは、冗談でもなんでもなく本気で言ってたんだ)
って。
ネットで『ストーカーに付きまとわれて追い詰められた女性が進退窮まってストーカーと結婚した』って話を読んだことがあるけど、Aが私と付き合いだしたのは同じような理由だったんだろう。




Aに深々と頭を下げて
「今まですみませんでした。
もう付きまとったりしませんので安心してください」

と言ったら、Aは笑顔のまま
「ああ、やっと分かってくれた?」

何とか涙をこらえて帰った。

508: 2/3 20/11/30(月)22:40:51 ID:93.gd.L1
家に帰って、泣きながらAを着拒&受信拒否した。
まあ、そんなことしなくてもAから連絡なんて来ないだろうけど、気持ちの問題として。

それからサークルの部長に電話して、簡単に事情を話して
「サークルを辞める」
と伝えた。
大学の友達(他サークル)に電話して愚痴を聞いてもらったら、
「こんな時に暇なのはよくない。うちのサークルにおいで」
と誘われた。
(そう言えば、友達は、『うちのサークル、メンバーが少なすぎ』ってこぼしてたな)
なんにせよ、『暇なのはよくない』のは事実だろうし、友達の入ってるサークルの活動には前から興味があったので、入部した。
友達の言う通り、新しくやることができるのは気が紛れてよかった。

二週間後、元サークルの人から電話があった。
「Aが『(私)に連絡が取れない』って心配してる」
って。
簡単に事情を説明して
「別れました」
って言ったら、
本気で驚かれた。
なんでもAは、私のいないところでは
「(私)ちゃんが好きだ、大切だ、付き合えて嬉しい」

「よくのろけてた」
んだそうだ。
「Aさんは連絡が取れなくなって本気で心配してるし悲しんでる。
仲直りしてあげて」

って言われたので、
「Aにわざわざ縁切寺に連れていかれて、『もう会わない』って言ったらすごくいい笑顔で喜ばれたよ」
と答えたら、絶句していた。

509: 3/3 20/11/30(月)22:41:17 ID:93.gd.L1
Aがのろけていたのは事実だったようで、何人かから仲直りを勧められた。
「あんなに愛されてるんだから仲直りすべき、別れるなんておかしい」
と、上から目線で説教してくる人までいた。
そういう人たちには、Aのメール無視や無理やり付き合わされてる発言などを話して、
「私はあなたの言葉より、Aが私に取った態度や言葉を信じる」
というと、たいていは黙った。

それでもゴチャゴチャ言ってくる人には
「Aは別れてから一度も会いに来てないよ。
同じ大学だから、会おうとすればいくらでも会えるのに。
本当に私と復縁したがってるの?」

と訊くと、なんかもにょもにょ言いながら引き下がった。

Aのその後は分からない。
学部が違うんで、サークルを辞めたら接点がないし。

Aがあの頃何を考えていたかは、何年もたった今でも分からない。



ワカンネークエスト わたしたちのストーリー
ワカンネークエスト わたしたちのストーリー