787: 名無しさん@おーぷん 20/11/15(日)16:39:26 ID:yG.gj.L3
書き捨て。

私は母子家庭育ちでとても貧乏だった。
母と私と妹と、女3人で市営団地に住んでいた。
母は元々働くことが嫌いな人だったから、養育費とパート代だけでカツカツだった。
そのくせ煙草が止められない人だったから、本当に貧乏な生活だった。

私は友達と一緒に遊ぶお金も無かったし、部活をやる余裕もなかった。
お金を使わずにやれることって言ったら勉強しかなかったので、成績だけは割と良かった。
だから先生からは『奨学金を受けて進学しろ』と勧められたけど、学歴にはあまり興味がなくて、高校を出たらすぐに就職した。
働いたらちゃんと報酬が貰えた上に、その会社は夏冬年度末と賞与が出たので、働くことが楽しくして仕方がなかった。
お金をもらえるのが嬉しくて嬉しくて。
職場には私と同じ高卒の社員も多かったから居心地も良かった。

ある程度のお金が溜まったら、私は家を出た。
母にはずいぶん引きとめられたけど、家にいるとよく財布からお金を抜かれていたし、
(今独立しないと母と同じ人生になってしまう)
という焦りもあった。
とにかく母のような人生はまっぴらだったから。




妹とは元々あまり仲良くなかったので、家を出てからは殆ど会ってなかった。
ところが、妹が二十歳になるのを待ってたように母が命を絶った。
癌で余命宣告されたらしくて、
「保険に入ってなかったから治療費もないし、苦しいのも嫌だし、特に未練のある人生でもないから」
って遺書に書いてあった。
不思議なぐらい何の感情も湧かなくて、
(母らしいな)
としか思わなかった。
以来、妹とは連絡先は交換してあるものの殆ど連絡を取り合うことなく、20年過ごしてきた。

788: 名無しさん@おーぷん 20/11/15(日)16:39:38 ID:yG.gj.L3
妹は2度結婚して離婚して、父親の違う娘ふたりと市営団地で過ごすという、母と同じ生活をしている。

私は結婚はしていない。
二十代の頃に一度だけ結婚を考えた人がいた。
が、母子家庭で母親が自死してる家庭というのが相手のご両親には受け入れられないらしく、両親と私の間で困ってる彼の姿を見て、
(たぶんご両親の感情は普通なんだろう)
と思って身を引いた。
身を引くと伝えた時の彼のホッとしたような表情に気付いてしまい、以来、結婚を夢見ることはなくなった。
(一人の方が気楽だ)
と思うようになった。

そして身軽さを武器に全国エリアでの転勤を受け入れたら(うちの会社は全国転勤OKとか、地域限定で転勤OKとか色々ある)、収入も一人暮らしには十分過ぎるほど貰えるようになった。
知らない土地に行くことに全く抵抗はない。
寧ろ楽しい。
ただ、ひとりで生きると決めた以上、色んな覚悟はあった。
インフルエンザに罹ってひとりで寝込んでた時には不安になることもあったし、盲腸で入院した時は、お金で解決できることとは別にひとりってのはやっぱり心細いと思った。
一方では、今回のコロナのような事態になっても経済的に動じない程度の貯蓄はしてあるから、それが自分の自信にもなった。

そんな時、妹から電話があった。
「お金を融通して欲しい」
んだと。
コロナでパート先が閉鎖になって無収入、養育費なんかとっくにバックレられてるとか。

昔、
「母を見てきたなら、何故ちゃんと働かないのか」
と妹に忠告した時、その時もお金の無心があって20万ほど融通した時に一言言わせて貰ったわけだが、
「結婚もできない女に言われたくない」
と言われて、
「ならば二度とみっともない真似はするな」
と言った。
なのに、再びのお金の無心。

お互いの生存確認の為に携帯番号 だ け は教えてあったけど、
「昔、私に何と言ったか思い出せ。
あんたに恵んでやる金などない」

と言って電話を切った。
その場で着信拒否設定をしたが、いい機会だから番号自体を昨日変更した。

もっと早くこうしておけばよかった。



REVERSED
REVERSED