666: 名無しさん@おーぷん 20/09/03(木)12:55:58 ID:IFq
昨年、癌で長い闘病生活の末に父が亡くなったんだが、その一周忌もまだ迎えていないのに夫にじゃなくて私に、義父母から借金の申し込みがあった。

義父母は
「コロナのせいで収入が減って~」
と言ってるが、それ以前から給料の半分以上をクレカの返済に充ててたような人たちだった。
その借金と言うのも、義母のお金もないのに派手な交際費や、義父のお金もないのにパチンコや競馬のギャンブル代。
「必ず返すから」
と言われたところで、返せる材料なんか全くないのだから、実質
『お金ちょーだい』
ってことだと思う。
二人揃ってうちに来て、頭下げて
「300万貸してくれ」
と。
「それでクレカの借金を一気に清算したら、心を入れ替える」
とか言っている。

義父母には娘が生まれるまで子産め攻撃を受けたし、産まれたあとにも二人目不妊で色々言われたし、大人の付き合いはしてきたけど心の中ではずっとシャッターを降ろしていた。
冠婚葬祭等の理由以外では疎遠にしていたし、その事でもさんざん『出来の悪い嫁』だのなんだの言われてきたので、
(私が了解すると思ったのなら頭イカレテル)
と思った。
「もうあんたしか頼れない。首括るしかない」
って言われて
「その方が楽になれるんじゃないですか?」
とつい言葉に出してしまった。

これに夫が激怒。




夫に相続について話してはいなかったが、二十数年普通に私の実家に出入りしてたのでうちが割合裕福なことは分かってたと思うし、だからそれなりに相続したこともだいたいのところは察してただろうと思う。
でもそれについてどうこう言うこともなかったし、それまで夫との関係は人並みに良かったと思ってた。
そりゃあたまには喧嘩もしたけど、日を跨ぐような喧嘩はしたことないし。
義父母のことを抜きにすれば、普通に平凡で幸せだと思っていた。

だけど、
「あんな言い方はないだろ」
と言われ、確かに言い過ぎたと思ったから謝ったのだけど、
そのついでのように夫がこれまでため込んでいた不満をぶちまけられた。

「『あの程度の事(子産め&二人目不妊)聞き流すことも出来ないのか』と思っていたが、あれはもしかしたら、疎遠にするためにわざと傷ついたフリしてたんじゃないか」
とか、
「俺の実家には余程のことが無い限り顔を出さないのに、自分の実家にはしょっちゅう帰省して」
とか、結局自分の都合のいいように物事を解釈して正当化してるだけじゃないかって。

子供がなかなか出来なかったのなんか、両方に原因があったのに私にだけ嫌味言われて、やっと生まれた子も
「なんだ女の子か」
と言われ、
「次は男を男を男を」
ってさんざん言われて、
それをどう受け止めたら冷静に傷ついたフリなんて出来るのよ。
本気で傷ついてたし、それを分かってくれたから疎遠にするのを了解してくれてたんだと思ってた。

実家にしょっちゅう帰るって言ったって、遠方だから年に2度程度。
「そんなに言われるほど帰っていないと思う」
って言ったら、
「でも嫁の実家に帰る度に両家の格差を見せつけられて、俺の気持ち考えてくれたことあるか?」
とか言われて、
そう思っていながら、じゃあ何故都合のいい所だけ私の実家に頼ってきたのよ。
娘の大学の学費だって、この家の頭金だって、うちの実家が援助してくれた時『助かった助かった』って喜んでたの誰よ。
あれこそ喜んでるフリなの?
父からお下がりとは言え、数回しか使っていない高級ゴルフグラブ『要るか?』って言われてきゃぴきゃぴしてたの誰よ。
言っとくけど、義父母に言われたことなんてそれだけじゃないんだからね。
分かってくれてると思ってたから、わざわざ言わなかったことだってある。

『その方が楽になれるんじゃないですか?』は確かに酷い言葉だったけど、この言葉を言わせたのは義父母だよ。
あんたの母親は父がまだ闘病中に
「いくらぐらい貰えるんだい?」
って聞いてきたんだよ。
あの人たちは父が死ぬのを待ってたんだよ。
まだ一年も経ってないのに『貸してくれ』って言ってきた時、確信したよ。
だから怒りを抑えるのに必死だった。
私が返事をする前に、あんたに怒鳴り倒して断って欲しかったんだよ。
ふざけるな
ふざけるな
ふざけるな
離婚だ。
あんたへの愛情なんて一気に消え失せた。
あの親と一緒にくたばってしまえ。



乞食 ゴーリキー (著), 二葉亭四迷 (翻訳)
乞食
ゴーリキー (著), 二葉亭四迷 (翻訳)