599: 名無しさん@おーぷん 20/08/05(水)18:29:24 ID:Chp
既女板に書いていいのかどうか微妙なんだけど。

うちの母親は私が高校生の時に再婚して、再婚相手には大学生の息子がいた。
その息子は県外の大学に行ってたから、普段は一緒に生活はしてなかった。
だがある日、突然帰省してきて、たまたま私ひとりだって知ると襲ってきた。
必死で抵抗して、サイドボードに飾ってあった石の置物を投げつけたら、避けられたけどそいつの足の上に落ちて、そいつの足指が砕けた。
救急車も呼ばずに近所の友達の家に逃げた。
私の乱れた服や泣きながら怯えてる様子を見た友達のお母さんが、うちの様子を見に行くと散らかった部屋の中で蹲ってるそいつを見つけて救急車を呼んでくれた。
何があったかは丸わかりだった。




近所中に大正解の噂話が流れ、うちは引っ越し、両親も離婚した。
その時の出来事で強い男性恐怖症が出た。
なので女性しかいない職場を選んで就職したが、男性をシャットアウトできるわけでもない。
しかし、その職場に出入りしてる業者の男性のひとりであるAさんだけ、他の業者さんと違って何故か嫌悪感も恐怖心も出なかった。

そのAさんと入籍した。
入籍までのあれこれは需要があれば書くけど、とりあえず省略。
実はAさんはゲイだった。
すごくいい人だけど、女としての女性には興味がない人。
私の方が母親から鬱陶しいぐらいに結婚結婚結婚結婚言われてて。
母親は私の男性恐怖症を知ってるのに、『結婚してしまえばなんとかなる』と思っていた。
Aさんの提案で
「結婚しようか」
ってなり、それで表向き夫婦になった。

大親友と一緒に暮らしてる感じで、家事も一緒にやるし、晩御飯が終わったら一緒にゲームしたりカラオケに行ったりもした。
Aさんは時々片思いの相手と旅行に出掛けたりもしてたけど、帰ってきたら切ない話を聞かされて一緒に泣いたりもした。
Aさんは英語が堪能だったので、私も海外に連れて行ってくれたりしてすごく楽しかった。
私のAさん以外の男性への恐怖心は、Aさんのおかげでほんの少しやわらいだけど、仕事は辞めてフリーになった。

そして銀婚式を迎える前にAさんは死んじゃった。

車に撥ねられてあっけなく。
お葬式、無茶苦茶泣いた。
(一緒に撥ねてくれれば良かったのに)
って。
男としてじゃなかったかも知れないけど、私はAさんを愛してたと思う。

Aさんのいない世界はつまんない。

来世は普通の男女として出会いたい。




(追記)

600: 名無しさん@おーぷん 20/08/06(木)08:21:24 ID:bTX
>>599
とても辛い思いをされたのね。
そんな中Aさんと出会って結婚して、恋愛関係ではなくても仲の良い夫婦でいられたのはすごく幸せな事だったと思うわ。
大好きな相手と結婚したってうまくいかなくなる事なんてたくさんあるもの。
あなたとAさんは人として信頼しあえて安心しあえる良きパートナーだったのだと思う。
良かったらAさんと入籍に至るまでのあれこれも是非お聞きしたいものだわ。


601: 599 20/08/06(木)12:24:06 ID:C3m
>>600
ありがとう。

いつも明るいAさんが、酷く元気が無かったことがあって、その日だけじゃなくて暫く続いてたから気になったんだ。
ある日、プライベートのデパートでばったり会って、丁度お昼だったから
「一緒にどうですか?」
って誘われて。
その時も全然嫌な感じがなかったから、リハビリのつもりでついて行った。

で、
「最近元気ないけど何かあったんですか?」
って聞いた。
そしたら母親が亡くなったってことを聞いて、
(ああそれでか…)
って。

それから職場に来た時に色々話せるようになって、また暫く経って、Aさんの会社も(ほかの業者も)合同でのバーベキューがあったんだけど。
それは女性ばかりの職場に会社が配慮した出会いの場みたいな意味もあって、それまではいつも不参加だったし今回もそのつもりだったら、Aさんが『是非に』って誘ってくれて、それで初めて参加したんだ。
そこでAさんとあれこれ話しをした中で、Aさんが急に
「実はこの間の質問だけど、本当はちょっと違う」
って言いだして。
「母親が死んだのは本当だけど、知ったのは葬式が終わってからだった」
って聞いた。
それがすごくショックで落ち込んでたらしい。

それを聞いてビックリして
「どうして!?」
って聞いたら、
「実は自分がゲイだから家族に遠ざけられている」
って話を。
そして
「(私)さんになら話せる気がした」
って言ってこれまでの苦悩を聞かされた。

その気持ちに応えるって言うと変だけど、私もAさんなら話せると思った。
母親の再婚相手の連れ子に襲われたこと。
未遂だったとは言え、それで母親がまた離婚して、母親には再婚を壊された原因が私にもあるように言われたこと。
男性が怖くて仕方なくなったこと、だから女性ばかりの職場を選んだこと、を話した。

そしたら
「俺も男だけど?」
って笑ってて、
「だから不思議だったんだー」
って話した。
以来、プライベートでよく会うようになった。
Aさんには別に好きな人もいたし、親友って感じ。

そんなときにうちの母親が見合い話を断っても断っても持ってきて、その相談をしたら、
「じゃあもう入籍しちゃおうか」
って。
「そしたら余計なこと言われなくて済むね」
って。
Aさん自身も、本人にその気がないのに女の人を紹介されることがあって煩わしいと思ってたから、『お互いに丁度いいから』
ってなった。

ある意味 “打算” での結婚だったけど、後悔は1㍉もない。

602: 599 20/08/06(木)12:24:45 ID:C3m
書いてて思ったけど、人に話せないだけで黒い過去ではなかったわw



いつか、きっと