950: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)16:53:43 ID:Kv.3y.L1
数年前まで友人(A)と同居してた(自分もAも男)。


うちの親は俺が学生の頃に亡くなってて、俺は遺された一戸建てに住んでいた。
祖父母の時代に建てた家で古いんだけど、相続する数年前に大改修したから特に不自由も不具合もなかった。

Aとは大学で知り合った。
同居に至ったのは、
・Aの勤め先が唐突に潰れる。
→借り上げアパートに住んでたAは住まいも失う。
「とりあえずうち来る?」
という流れ。
当初は『再就職先が決まるまで』という取り決めだったが、同居生活は全くストレスなく、お互いにメリットもあったので、Aが無事再就職してからも続行となった。

家賃は取らない代わりに光熱費はA負担。
食費雑費は折半、俺は食事と買い出し担当、Aは掃除洗濯担当。
お互いの個室には立ち入らない、女を連れ込まない、外泊時はなるべく早めに連絡。
だいたいこんなかんじでやっていた。
お互いに余裕がある時期には担当以外の家事もやったり、それなりに気を使いつつ楽しく同居してたんだ。




同居生活四年目にAの結婚が決まり、Aと婚約者さんと俺とで飲み会をした。
その時に婚約者さんから、
『Aが家事をちゃんとやっていたかどうか』
を尋ねられた。
俺は上に書いたとおりのことを話して、
「Aとなら協力してやっていけると思いますよ」
と言ったし、実際
(そうなるだろう)
と考えていた。

だかA夫妻は一年ちょいで離婚してしまった。
原因はAの家事放棄とモラハラ。

A夫妻は共稼ぎで、俺との同居生活と同様に家事分担を分けていたようだ。
しかし結婚したら
「家事は女の仕事だから」
と奥さんに押しつける。
本来自分の担当なのに
「洗濯物が溜まってる」「掃除がなってない」
と文句をつける。
『家で食事する』と言っておきながら、連絡なしに深夜帰宅して、食べないどころかそのまま捨てる。
奥さんが弁当用にと作り置きしたおかずを大量に食い尽くす…等々やらかして、最初の結婚記念日より前に引導を渡された。

「Aは本当に家事をしていたのか」
と、奥さんから怒り気味の LINE がきて知ったことなんだが、本当にびっくりした。
奥さんには俺まで嘘をついていたように思われていたようだ。
「奥さんが言うような奴なら四年近く一緒に暮らしたりしない」
と力説したらどうやら疑いは晴れたようだ。
しかしそれはそれで、奥さんにだけそんな酷い態度なのだとはっきりしたわけで、離婚を決意する最終判断になったみたいだ。

離婚後、一度だけAから連絡がきた。
「離婚したんだ」
と言われて、
「そうか」
としか返さなかった。
『なんでそうなった』とか聞きたくなかったし、Aも理由は言わなかった。
ただ、また同居したいように匂わせられたが、気付かないふりをした。

これは憶測だが、Aは “他人には気を使えるが、家族に対しては暴君になるタイプ” なのだろう。
それはAの勝手だが、共稼ぎの奥さんにそんなやり口が通用すると考えているのだろうか(専業の奥さんに対してもやっちゃいかんが)。
どうしても理解出来ない。



 【まとめ買い】 消臭力 生ゴミ用 スプレー×2個