731: 名無しさん@おーぷん 20/04/25(土)19:40:30 ID:DMK
ちょっと凝ったデザインのアクセサリーを作って、友人にプレゼントした。
友人はすごく喜んでくれて、
「こういうのをもっと作って販売したらいいよ!
きっと大評判になるよ!」

と勧めてくれた。
私は
「あくまでも趣味でやってるからね~」
と笑ってスルーした。




でも、友人は勝手に周りの人にアクセサリーを見せては
「こういうオリジナルのアクセサリーを作る人がいる」
と宣伝しはじめた。
何人か
「私も欲しい」
という人が現れ、まぁ私も馬鹿だったんだけど、嬉しくなって材料費+α程度の料金で作ってあげた。

そうしたら友人がさらに勝手に売り込みを始めた。
なので、慌てて
「もう作らない」
と宣言したら、友人は
「なんで!
そんなの困る!
○○ちゃんも××ちゃんも『欲しい』って言ってる!
あたしの顔を潰す気?」
と。

友人は、自分の友人たちには安いアクセサリーを提供できるし、私には趣味と実益を提供できる、
「奥手で自分から売りこめない(私)に代わり、販路を広げてる」
つもりだったらしい。
作っちゃった自分も悪いんで、最初はやんわり断っていたんだけど、友人は全く引かず。
「あなたはその才能を伸ばすべき!
あたしが手伝うから!」

とうるさいのでバッサリ切った。



始末に困る人