812: ■忍【LV0,作成中..】 20/04/21(火)13:53:37 ID:J1.j6.L1
うちの夫はよく寝る人。
もう『猫かよ』って言いたくなるくらいよく寝る人だった。

どんな感じか休日の1日を説明すると…
朝7時に起きて1時間くらい起きたら
「ゴロゴロしてくるー」
って言って2~3時間寝てその後、起きてお昼食べた後、1時頃にまた昼寝で大体4~5時間寝る。
これだけ寝るのに夜は10時くらいに就寝して、朝までしっかり寝る。
…って感じの生活をしてた。
さすがに子供が産まれてからは上に書いたようなずっと寝てるような生活はしなくなったけど、それでも昼寝はほぼ必須で、平均3~4時間は昼寝してるような感じだった。

結婚して一緒になった当初は、あまりにも寝てるし、私自身は滅多に昼寝しないタイプだったから、
(朝あれだけ寝てなんで昼もこんなに寝れるの!?)
って戸惑った。
だけど
(仕事が激務だから、一日中寝てないとやってられないのだろう)
と自分を納得させてその事を受け入れてた。




そんなある日、夫が
「左目だけが開きにくい」
と訴えだした。
見てみると確かに左目だけ開ききってなかった。
何かの病気を疑ったけど、目以外は異常ないので
「なんだろうねー」
でその時は終わった。

それからしばらくたっても目が開きにくいのは治らなくて、いろいろ考えてみた結果、
「もしかしたら肩凝りから来てるのかも!」
と夫が思い始め、行き付けの整体に行くことにした。
そこで目の事を説明すると
「目の神経というのは脳に直結しているから、肩から影響受けるということはあり得ない。
もしかしたら脳の病気かもしれないからすぐに脳神経外科に行って下さい」

と言われ、急いで数日後に脳神経外科で受診した。

そして見てもらったんだけど、脳には異常がなくて。
そこの先生に
「もっと大きな病院を紹介するからそこへ行って下さい」
と言われ、紹介された病院で検査してもらった結果、やっと病名が分かった。

重症筋無力症という病気だった。

幸い初期中の初期で見つかったから薬を飲むだけで大丈夫な感じになったんだけど、その薬を飲み始めたら目が開きにくいのも治ったんだけど、
今までの休日ずっと寝てる生活というのが嘘みたいに無くなった。
夫曰く、
「薬飲んでると眠気が全く来ないし、逆にうっかり昼寝すると夜寝れなくなってしまう」
らしい。

後で調べて見て分かったんだけど、重症筋無力症の症状の1つに『疲れやすい』というのがあるみたいで。
今まで猫並に寝てたのは、本人の体質とかじゃなくて病気のせいだったんだということが分かって若干衝撃を受けている。
そして薬1つでここまで改善するとは思わなくて、そこにも驚いている。

休日に夫が全く昼寝をせず子供と遊んでいるのを見てると、いつもと違ってなんか慣れず、不思議な感じがするけど、ほぼずっと同じ空間にいれるのが凄くうれしい。



猫地蔵 きをつけ