(前のお話)

306: 名無しさん@おーぷん 20/04/15(水)18:39:13 ID:E1W
三年前の一月、『義母にイヤミを言われてる時、助けてくれるのはいつも夫じゃなくて義弟』と書き込んだ者です。

元夫とは三年前の秋に離婚が成立しました。
現在は心療内科に通いながらですが、何とか正社員として社会復帰しています。

元夫からは一年ほど、ロミオメールと近況報告の中間のような連絡が来ていました。
が、放置していたら止み、ここ一年は音沙汰がありませんでした。

しかし三日前の日曜、実家に元夫が来ました。

私は今は実家を出てアパート住まいですが、頻繁に実家と行き来しているため、下手をすればニアミスしたと思います。
それを想像するだけで動悸がひどくなりました。




元夫は
「コロナ騒動で心細くなり、(私)に会いたくなって来た」
んだそうです。
両親はインターホン越しに
「帰れ」
と言ったのに全然聞かず、一時間ほど粘っていきました。
元夫は離婚後、何度かお見合いをしたがピンとくる人がおらず、そこへこのコロナ騒ぎ。
それで
「支えてくれる人の有難みがわかった。
孤独を癒やしたい相手は一人しかいない」

そうまくしたてる元夫に、父が
「娘に支えてもらうことばかり考えて、きみは何を娘に返せるんだ」
と訊くと
「子供を産ませてあげられる」
と答えたそうです。
父が激怒し
「警察を呼ぶ」
と言うと渋々帰ったそうですが、
「『また来る』と言っていた」
と父談。

情けないですが話を聞かされただけで気分が悪くなり、日曜日は一日起きあがれませんでした。
「しばらく実家に来るな」
と親に言われてしまい、
(こんな非常時下で皆心細い時に、どこまで私を苦しめたら気が済むんだ)
と元夫には怒りしかありません。

離婚時に『これ以上しつこくしないなら慰謝料を妥協する』と取り決めて書面を交わしてあるので、それを基に
『妥協した分の慰謝料を請求する』
と弁護士さんに通告してもらおうと思います。
以前は元夫と戦おうという気力がゼロでしたが、この二年でようやく怒れるようになりました。
両親は実家を売って引っ越すことも検討するそうです。

取り急ぎ、その後報告でした。



IYA