974: 名無しさん@おーぷん 20/03/16(月)19:40:08 ID:vu.qf.L2
長文歓迎な人だけ読んでね。


高校時代、既婚の男性教師がクラスメイトのAさんと駆け落ちしたらしく、大騒ぎになったことがあった。
色々真偽不明の尾鰭も付きまくったけど、教師と生徒がある日を境に揃って姿を消したのは事実で、担任の先生も出欠を取る時、Aさんがいないことを完全にスルーしてて不自然だったのも確か。
Aさんとは家が近くて小学校の頃は一緒に遊んだけど、その当時は特別仲が良かったわけでもなかったし、近所でも学校と同じような噂が流れただけで突然な出来事に、本当は何がどうなってるのか全く情報がなかった。
結局、事実がどうだったのか分からないまま卒業した。

その数年後、大学の友人たちととある観光島のペンションに泊った。
そこに到着してからずっと、アルバイトらしい女性にのことを
(どこかで会った事があるような…)
とずっと感じていた。
だけど翌朝、朝食の給仕している彼女を見てポンっと思い出した。
あの駆け落ちしたクラスメイトのAさんだった。
肌が以前よりずいぶん焼けてたので雰囲気が変わってて気付かなかったんだ。

突然思い出したから思わず
「あっ!」
って声が出て、それでAさんも私に気付いたらしいんだが、サッと目を逸らされたので
(気付かないフリしてあげた方がいいのかな)
と思って知らん顔した。




そこでは2泊する予定だったので、2日目は海で泳いだりダイビングしたりした。
夕方戻ったら何気にバタバタ忙しそうにしてて、オーナーの奥さんが
「手伝いの子が急に辞めちゃってちょっとバタバタしてますが、夕食は予定通りに用意できますから」
って。
もしも私に会いたくないってことだけなら一日休めばいいだけなのに、
(こんな急に辞めちゃうって、よほど見つかりたくなかったのかな?)
と思った。

975: 名無しさん@おーぷん 20/03/16(月)19:40:22 ID:vu.qf.L2
帰ってからどうしようか迷って悩んだ挙句、
思い切ってAさんちを訪ねて行った。
顔見知りのおばさんが出てきて、
(うちの母に比べてずいぶん老けたな…)
って感じで、
(そりゃあ娘が突然いなくなったらそうなるわな)
って思うと
(やっぱり話すべきだ)
と再度決心し、Aさんを見たことを話した。
おばさんに泣きながら感謝されたが、その後どうなったかは知らなかった。

それから10年近く経ってるんだが、先日実家に帰省したときに偶然、Aさんとバッタリ会った。
家に誘われて、
(親に報告したことを罵られるならそれでもいい)
と思ってついて行った。
そしたらお母さんも出てきて、一緒にお礼を言われた。

あのあとお母さんはすぐにペンションを訪ねて行って、それから自宅を訪ねて連れ戻したらしい。
Aはやっぱり先生と駆け落ちして、その島で暮らしてたらしいんだが、住民票とか移してないからまともに働けなくて、ボロボロのアパートで暮らしてたらしい。
日雇いのアルバイトでどうにか生活してたけど、先生はだんだん働かなくなってお酒を飲んでばかりになって、Aさんは駆け落ちしたことを後悔ばかりしてたけど、
「今更帰れないし帰るお金もなくて苦しい毎日だった」
んだそうだ。

「だから(私)とバッタリ会って、思わず目を逸らし逃げてしまったけど、
『居場所を伝えてほしい伝えてほしい』
って祈ってた」
んだって。
なんか話聞いてて涙が出たよ。
自業自得とはいえ苦労したんだなぁって。
実は親に報告したことを、
(あれでよかったんだろうか)
ってずっと不安だったから。

Aさん、先生が捨てた奥さんにも会いに行って
「死ぬ気で謝ってきた」
って言ってた。
でも奥さんからは
「あなたは憎くないわけじゃないけど、圧倒的に夫が悪い」
って、あんまり責められなかったんだって。
で、奥さんはその島に両親と共に乗り込んで正式に離婚してきたそうだ。


たまに先生と生徒の恋愛の話を聞くけど、たとえ先生の側が独身だとしても卒業まで待てないやつはクソだと正直思う。



惡の華(1) (週刊少年マガジンコミックス)