(※離婚裁判…言葉通りであれば、それ以前に離婚調停が行われたが不成立であったため、裁判となったものと思われます。)

835: 名無しさん@おーぷん 20/02/24(月)12:16:30 ID:3ln
身のまわりで一気に四組が離婚した時。

夫の友人(以下・友人A)はとても評判のいい陽気な男性だったが、結婚直後にモラハラDV男に豹変した。
だがA妻は自分の身内にだけ相談してたらしく、誰も知らなかった。
その友人Aから周囲に
「妻に離婚裁判を起こされた」
と連絡が入って、初めて不仲だと知った。




A妻は逃げるために周到に用意してたらしく、証拠集めて弁護士雇って避難場所を確保してからの裁判。
その裁判をめぐって、私の夫の友達の意見が割れまくった。
A妻を信じる人、友人Aを信じる人、『きっと何か事情が』の人、『殴らせる方が悪い』の人…。
私たち夫婦は “夫だけがその友人と懇意。妻である私は無関係” だったけど、
夫婦そろって友人Aと懇意だった六組が、その裁判をめぐって意見対立して不仲になってしまった。

ちなみに裁判は結構あっけなく友人Aが負けた。
「真実は勝つ」
とか言ってなぜか弁護士を雇わなかったらしく、しかも妻側に証拠がバッチリ揃っていたのですぐに敗色濃厚になり、慌てて弁護士を雇おうとしたが、受けてくれる先生が皆無だったそうだ。
そして友人A夫婦は離婚。
子供なしで共同貯金も少なかったから、少なめの慰謝料をAが払って終わった。

その直後、四組がたてつづけに離婚した。
不仲だった六組のうち二組だけ仲直りし、四組は完全決裂していて、夫が
「Aが裁判に負けたんだから、Aの肩を持った方(四組のうち男3:女1だったらしい)が謝ればいいのでは?」
と言ったが
「そういう問題じゃない」「価値観の違いが露わになったきっかけに過ぎない」
とそのまま離婚してしまった。
これ全部が、ほぼ一年の間に起こった。
夫はこの四組すべての結婚式に出席していて、長年の交友関係が大崩壊したのでしばらく落ち込んでた。

それから数年経った今、Aの肩を持って強気で離婚した四人のうち二人が
「後悔してる」
と言い出して、うちの夫に復縁の仲介を頼んできてる。
さすがの夫も
「虫がよすぎる」
と怒って、手助けする気はゼロらしい。



判決前夜 ビフォア・アンド・アフター [レンタル落ち]