104: 名無しさん@おーぷん 20/02/19(水)11:50:34 ID:Il.a5.L2
とっくに終わった話。

元夫と私は子なし夫婦だった。
ある日、在宅仕事で家にいた私に夫の不倫相手が突撃してきた。
「妊娠してます」
って。
母子手帳持ってた。

向こうは
「子供ができたんだから子なし女なんて目じゃない!」
と勝ち誇り、私も
「子供ができたんじゃもーだめだ、離婚やむなし」
と覚悟。
元夫に連絡し、帰りを二人で待った。

その間、不倫相手は彼とやったプレイについてしゃべりまくり、
「こんなことあんたとはしなかったでしょー?」
「あんたは『させてくれない』って彼言ってたよ!」
と勝ち誇りまくり。




帰宅した元夫に
「どういうことか」
と聞くと元夫、
土下座。
「堕胎させるから離婚は勘弁してくれ」
の一点張り。
不倫相手は
「堕胎なんて絶対しない」
と騒ぎ、元夫は
「絶対産ませない、認知しない、おまえ(不倫相手)と結婚なんかしない」
大騒ぎ。

元夫、不倫相手が『ピル飲んでる』と言うのを信じて一度も避妊してなかったらしい。
「なのに妊娠するなんて詐欺だ」
と主張。
「あんなこともこんなこともしたじゃない」
と言う不倫相手に、
「愛する妻相手にそんなひどいことできないからお前としたんだ」
こっちを振り返ってドヤ顔する夫に、
(この人何言ってんの?)
と本気で引いた。

元夫の言い分は
「妻に異常プレイや無避妊交渉なんてできないからお前としただけ」
不倫相手が
「あなたの子なんだよ!」
と言うも
「それが何か?愛する女性以外が産んだ子なんていらん」
気づいたら私まで
「あなたの子なんだよ?」
と突っこんでた。

結局相手は手術したし、私達は離婚。
元夫は最後までゴネたけど、元義両親が説得してくれた。
とにかく最後まで
「愛してるのはきみ。大事だからこそきみ相手にはできなかった」
と本気で主張していて神経わからなかった。
ごく少数ながら元夫の言い分に同調する人もいて、それも同上。



非道―裏調査員シリーズ (ハルキ文庫)