347: 名無しさん@おーぷん 19/12/13(金)21:47:04 ID:9Ux
大学時代、彼女と付き合い初めて3ヶ月ぐらい経った頃に、
「同じサークルの友達に紹介したいから一緒にごはん行かない?」
って誘われたんだ。
で、ちょうど近々に彼女の誕生日があったから、
「じゃあ奢るからお祝いを兼ねて食事しよう」
って話になった。
彼女とのデートはそれまでイタリアンとかビストロとか洋食系ばかりだったので、
「たまにはちゃんとした和食が食べたい」
って言うから和食屋さんに連れて行った。

そしたら彼女の友達がすごく食べ方がきれいでさ。
注文したコースの中に魚の煮付けがあったんだけど、きれいに食べて小骨を一ヶ所に纏めてあったんだ。
それに比べて彼女の皿は、あっちこっちのフチに小骨をくっつけて、魚の身はたくさん残ってるし、細かいのが皿の外にもこぼれてあった。
お刺身もツマまで奇麗に食べてる友達に比べて、彼女はツマを食べないのはいいとしても、わさび醤油をテーブルにポタポタ落としてて拭いてもいない。




それを見てしまってから、すーっと冷めてしまった。

正直言って、その友達はぽっちゃりしてて顔も決して美人でもない。
今でいう、りんごちゃんみたいな感じ。
でも、そう気付いてから見ていたらすごく仕草が丁寧なんだよね。
お箸なんかでも静かに置くし、立ち上がって椅子を戻すときもガタガタしないし。
それまで女性に対してそういう部分を注目して見た事なかったから、なんかすごい新鮮だった。

家に帰ってからも、その友達のことばかり考えてた。
それで彼女に別れ話を切り出したんだが、まぁ荒れたよ。
なんか友達の方ばかり見てたの気付いてたらしくて、心変わりがバレてたw
ただ、
「(俺)君があんなデブでブスが趣味だったとかマジ屈辱」
なんて言われて、
(ああ、本性現したな、俺騙されてた)
って思って、
(別れを決意して正解だった)
と思った。

その後、元が付くことになった彼女がりんごちゃん(仮にこう呼ぶ)をサークルから追い出したり、無い事無い事触れ回って意地悪をしたり。
それで
(自分にも責任ある
と思って庇ってるうちに、りんごちゃんに気持ちが通じて付き合うようになって、卒業して3年目に結婚した。
今は痩せてすごい可愛い。
以前にも増して可愛い。

色々あったけど、元カノのおかげで出会えたことだけは感謝してる。



きれいなもの_きたないもの
アーティスト:Rulu
収録アルバム:E.P 1