580: 名無しさん@おーぷん 19/12/01(日)13:15:38 ID:KNq
私の実家は資産家と言うわけではないけど貧乏でもないと思っている。

兄と私の二人兄妹だが、二人とも大学まで行かせてもらってるし、結婚する時も足りない分は親が出してくれた。
ちなみに兄は全く貯金が出来てなかったので、まるっと出してもらってた。
私は自分の貯蓄の中から300万出すつもりでいたんだが、親から
「100万だけでいいから、残りは結婚生活に残しておきなさい」
って言われて、今もそのまま残してある。
但し、
「冠婚葬祭の常識的なやりとりはするが、基本的に親のお金をあてにしないように。
今後は自分たちの老後に備えます」

って言われた。兄も同様の事を言われていた。

兄は五十代になり、私も四十代後半の年齢。
子供もお互いふたりずついる。
一昨年、父が亡くなって、遺言に従って相続をした。
兄と私に500万ずつ、あとは母の老後資金。
実家の名義も夫婦半々にしてたものを母100%にした。
父と母は、『お互いにどちらが先に死んでもこういうふうに相続させる』と言う公正証書遺言を作ってあった。
ふたり一緒に死んだ場合のみ、『祭祀を継ぐ方に6割、継がない方に4割』にしていたらしい。

父の一周忌が終わってから母は、自分で終の棲家となるホームを探していた。
今年に入って仲の良い伯母と一緒に入る話がトントン拍子に進んで、実家の売却先も決まり、楽しそうに自宅を片付けていたところなんだが。
ここに来て兄夫婦が母に同居を持ちかけて、それが揉めてグチャグチャ。




早い話が、“団地住まいの兄夫婦がマイホームを持てる最後のチャンス” ってところなんだろう。
下衆な言い方で申し訳ないが、実際そんなところ。
「ちゃんと最後まで面倒見るから一緒に住もう、その方が寂しくないしいいだろう?」
「本当は母さんだってそんなところに入りたくないんだろう?」
って。
でも母は元々ドライな性格で、昔から
「同居とか絶対無理!」
って言ってた人。
「余所のお嬢さんと一緒に暮らしたってストレス溜まるだけ」
って。
実際、本人(兄嫁)の前でもそう言ってた。

581: 名無しさん@おーぷん 19/12/01(日)13:15:49 ID:KNq
母は兄の申し出を丁重に断った。
「もう何十年もそのつもりで人生設計してたのに寂しいもクソも無い。
この家を売却したお金もその計画のひとつなのに、今更面倒臭いこと言わんでくれ」

って。
そう言われた兄がついに本音を。
「頼むよーこの家くれよー私子だってマイホーム持ってるのに俺だけーーーーー」
って、50過ぎた男の言葉かぃ、情けない。
我が兄ながら肩を落とすしかなかった。
「あんたと私子との差は努力の差だよ!
情けない!
全く…こんな息子に育てたのは誰!!

……私じゃw」
とか一人ツッコミしてたw

しかしふと思ったのは、
兄嫁はどっちなんだろう。
兄と同じ考えなんだろうか。
それとも兄が暴走してるだけなんだろうか。
私だったら自分の旦那がこんな流れで同居しようとしたら耐えられん。

ちなみに母の計画に変更はない。



いえ イェイ!!(NHKおかあさんといっしょ)
いえ イェイ!!(NHKおかあさんといっしょ)