464: 名無しさん@おーぷん 19/10/19(土)14:52:22 ID:AWu
父は店員や近所の人・親戚の人によく話しかける人で、私はうんざりしていた。
その人の家族構成、家族の学校や仕事、出身地や住んでいるところ(県外のには市町村、同じ市内の人には番地を抜いた住所)、学生なら学校名や大学や専門学校の専攻を細かく聞き、私と同じ学校の人がいれば、私のことも細かく話す。
私は徒歩圏内の学校に通っていたので、地元のコンビニやスーパーでバイトしている同級生や先輩やその友達にいじめられたり悪口を言われていた。

そんな中、唯一かばってくれた男子がいた。
男子も母親が店員や近所の人・ママ友に話しかけては個人情報を聞く人で困っていて、『それが嫌だから遠方の高校に進学した』と話してくれた。
お互いに同じ境遇の人に出会ったことが嬉しくなって、付き合うことになった。




先日、修学旅行があって新幹線に乗った時。
友達からもらった辛いお菓子を食べると喉がかわいたのでお茶を飲もうとしたんだけど、お茶を忘れたことに気づいた。
なので車内販売が来た時に
「すみません」
とパーサーさんを呼び止めて
「お茶ありますか?」
と聞いた。
パーサーさんは愛想の良い綺麗なお姉さんで
「『綾鷹』と『お~いお茶』があります。」
と笑顔で教えてくれて、お~いお茶を買った。

すると近くの席に座っていた彼氏がかなり不機嫌そうになって、
「お前、『店員さんに話しかけるお父さんが嫌』って言ってたのに、お前も車掌さんに話しかけるんだな」
「車掌さんは仕事だから愛想をよくしてくれるけど~。」
と言われた。

いや、黙ってたら通り過ぎるから呼び止めないと買えないんですけど。
アイコンタクトしたら止まってくれるだろうけど欲しい商品があるかどうかは確認しなきゃいけないでしょ。
私の父や彼の母みたいに仕事に関係ない雑談を店員に長々話したり個人情報を聞き出したりするのは駄目だけど、私は『お茶ありますか?』と聞いただけなのに。

未だに機嫌悪いからもう別れるかも。

というか、
(彼も母親のトラウマでこんな極端な考えになってしまったのか)
と思うと
(母親の被害者なんだろうな)
とは思う。
複雑。



お話になりません(2) (星海社コミックス)