258: 名無しさん@おーぷん 19/10/18(金)21:51:40 ID:D5L
男の人が『ウチのが』って言う時って、たいがいは、奥さんのことですよね。
特に年配の男の人は『ウチの奥さんが』とか『ウチの女房が』っていうのに照れがあるようで、たとえば朝、会社で、
「あれA部長、いいマフラーですね」
と話しかけたら、
「あー、ウチのが選んでくれたんだよ(エへへ)」
なんて時。

A部長とは違う、B部長ってのがいる。
B部長は五十代で、創業者の親戚らしくて何にも仕事してないんだけど机とPCだけあって、一日中ゲームか、風俗・キャバクラ関係の紹介サイトか、なんか投資してるらしくて金相場のサイト見てる(そばを通ると目に入る)。
部下もいないし、一人きりで出社時から退社時まで、誰ともしゃべらない。




このB部長がある日、昼食時の社員の雑談に入ってきて、びっくりした。
「冷蔵庫が調子悪くて、ウチのが買い換えてほしいって言ってるんだ」
とおっしゃるので、私達が
「どんな風に調子悪いんですか?」
と返したら
「知らない。ウチのがそう言ってる」
「どんな冷蔵庫に替えたいっておっしゃってるんですか?」
「知らない。台所はウチのに任せてる」
何か相談したかったのかもしれないけど、これじゃ話が続かない。

別の日、またB部長が
「ウチのが、足が痛いから病院に連れていけって言ってるんだ」
「どんなふうに痛いっておっしゃってるんですか?」
「知らない。ウチのはしょっちゅう言ってる」
「心配ですね。いつごろから……」
「知らな(以下略)……

B部長抜きの、A部長を交えた昼食時にその話を出したら、
A部長は首をひねって
「Bは奥さんいないよ?
俺、付き合いが長いから知ってるけど、ずーっと独身」

私達「でもB部長は『ウチのが』って……」
A部長「あーそりゃ、Bのお母さんだろ」
私達「はあ!?」

A部長によると、B部長の母上は一人っ子のBにべったりで、おかげでB部長は彼女もできず。
現社長の紹介でお見合いをしてもお相手からお断りされてしまったらしい。
B部長の父上は鬼籍だそうで、
「Bは50過ぎて、80の母上が心配になって若い君達(社員)にいろいろ相談したいんだろうけど、
何をどう話したらいいのかわからないんだろ」
とのこと。

A部長が
「ほっとけほっとけ」
というのでほっといているが、自分のお母さんを『ウチの』って言う男の人がいるってことに一番驚いた。



もっとあなたの知らない世界~呪縛編~