316: 名無しさん@おーぷん 19/07/11(木)21:48:31 ID:0TN.cx.s3
やっと気持ちの整理がついたから書く。

今の部署に配属されて間もない頃に、当時付き合っていた人(同僚)との間の子を妊娠した。
お互い不注意だった。
このことに関しては私にも非があったと思う。

でも、いざ子どもをどうするか話し合った時に、そいつは私に2つの選択肢を提示した。
「ひとつ、子どもを産むなら仕事を辞めること。結婚はしてあげてもいい。」
「ふたつ、中絶するなら今までと変わらず付き合える。できればこちらを望む。」

当時の私には、それらの条件はとても身勝手に思えた。
どちらにしても私が痛手を負うものだったから。
だから、3つ目の選択を提示した。




子どもは堕ろす。私は仕事を辞めない。そいつと縁を切る。

別れる際にそいつからは
「女のくせに」
と捨て台詞を投げられたけど、今でも理解できないし理解する気もない。
社内恋愛が発覚すると片方が部署移動される職場ではあったけど、だからと言って私に退職するよう求めるなんて自己中すぎる。
あと、男が女に中絶するよう言うのは良くて、女が自分の意思で中絶を選ぶのは駄目とかダブスタもいいところだ。

何年も経ってようやくこうして文に起こせるまでになったけれど、その時は本当に辛かった。
もうこんな思いはしたくないし、他人に私の人生を左右されたくない。
それから誰と付き合うでもなく仕事に打ち込んでいたら、
あの男は若い子に手を出したのが上にバレていつのまにか消えていた。

あれが視界から失せてやっと気が晴れた。
今なら新しく恋人をつくってもいい気がする。
親か友人に誰か紹介してもらおうかな。

そんなわけで、ただ今恋活中です。



消滅 VANISHING POINT (下) (幻冬舎文庫)