535: 名無しさん@おーぷん 19/07/19(金)16:00:05 ID:8f.m6.L1
ラインが主流になり始めたくらいだけどまだガラケー人口もそれなりにいた頃。

ブライダル関係のブラック企業で社畜してたとき、上司命令で25~のお見合いパーティーにサクラとして出席した。
当時22歳で彼氏もいたから断ったけど、上司からの
「残業代つけるし座って飯食ってればいいから」
の言葉を信じた。

お見合いパーティーは思ったより年齢層高めのメンバーで、女性の最年少が私を除けば32くらい、男性の最年少は35。
最年長は50を越えてた。

何しに来たレベルで喋らない男性陣にしらける女性陣。
司会をしていた上司が
(盛り上げろ)
と言わんばかりに話を振ってくるので、それなりに周りに振ってみたり仲を取り持つようなことをした結果、なん組かカップル成立して終了した。




その日の夜中に
「Aです。結婚を前提に付き合いましょう。」
とメールが。
なんかのイタズラメールかと思い放置して出勤。
昼休憩中に携帯を見ると
「Aです。お忙しいみたいですね、今日も行きますね」

Aの心当たりがなく、上司に
「こんなメールが届くんですよねー」
と見せたら、
お見合いパーティーで殊更喋らなかったカラテカ矢部似の一回りちょい年上の男性だった。
上司曰く、
「Aさんは旅館の息子さんで将来有望だからいいかと思って、ここで働いてることとメルアド教えといたよ^^」

そしてA来店。
真っ赤なバラの花束をもってスーツで来店。
色々信じられなかったけどその場で
「仕事に集中したいので」
とお断りした。

その日から毎日くるAからの
「好きです」「本当は22って聞きました」「子供を産んでほしい」
などなど気持ち悪いメールが届く届く。
上司に抗議しても特に対応してもらえなかったのと、ブラック過ぎたので色々あったけど退職。
退職した次の日に
「仕事辞めたならAのところへ就職しませんか?」
とメールがきたので
「最初お断りしましたけど、付き合うつもりはないです、メールされても困ります。」
とだけ返事して拒否。

で、昨日。
「Aです、また仲良くしたいです。結婚を前提に付き合いましょう。」
「(上司)ですー。
Aさんがまた連絡とりたいって!
メルアド生きてるみたいだし、メールするよう伝えました!」


仲良くした覚えないし、もう結婚して二児の子持ちになったんだけどなあ。

こいつらの神経がわからん。



MTG マジック:ザ・ギャザリング しつこい請願者(コモン) ラヴニカの献身(RNA-044) | 日本語版 クリーチャー 青
しつこい請願者