922: 名無しさん@おーぷん 19/06/18(火)02:57:50 ID:gob
彼が私の部屋に初めて泊まった時のこと。

朝食にトースト・コーヒー・バタ―とジャムという簡単なメニューを出した。
私がトーストにバターを塗って、ぱっくり噛みつこうとしたら、寸前に彼が
「ああっ!」
と叫んだ。




私「なっ何っ!?」
彼「まだバターが残ってる!」
私「へ?」
彼「トーストの上に、塗ったバターの塊が残ってる!ダメだよ!」
私「????」

彼に言わせると、
「トーストに塗るバターは、パンの表面に伸ばした時、全部溶けてきれいにしみこむだけの量でないといけない」
んだそうだ。
「少なくてパンの全面に行き渡らないのは良くないが、多すぎて溶けきれなくて塊で残るのは言語道断」(本当に言った)
だそうだ。

うるせえ私は溶けきれない塊の感触が好きなんだ。
直接の原因ではないが、そこからぎくしゃくして別れた。
今考えるとあまりにもバカバカしいけど、後悔はしてない。


923: 名無しさん@おーぷん 19/06/18(火)05:26:07 ID:geX
>>922
そんな小さなマイルールを押しつけてくるような奴とはストレス貯めるだけだから別れて正解
君は賢い

924: 名無しさん@おーぷん 19/06/18(火)07:19:00 ID:CkR
>>922
うん。バターは溶けきれない塊の感触がまた良いんだな、これが。
あれは自分も好きだ。
貴女は正しい。

925: 名無しさん@おーぷん 19/06/18(火)16:16:13 ID:XSS
>>922
何がすきでもいいけど、作ってくれた人への感謝ぶっとぶくらいのコダワリなら自分で作れw



Meltdown: Book Two in the Devolution Series