302: 名無しさん@おーぷん 2019/03/23(土)07:09:40 ID:56E.jo.x3
グロ話なので注意です。

学生時代、夏休みのバイトでレストランのウェイトレスの仕事が決まった。
ちょっと格式高めでいい所だし、
(いいバイト決まったな)
と安心しきってた。

ある時、どこかの会社の創立記念パーティが貸し切りで行われた。
料理出したりテーブル拭いたりしてたら、前方から
「ん!」
って声がした。
(?)
と思って顔を上げたら、
スーツ姿のいたって普通の小太りのおっさんが、にこやかな笑みを浮かべて私に向かって手を差し出していた。




(出席者の人かな?でも従業員に何の用?『ん!』って何?)
と思考が止まってたらまた
「ん!」
と手を出してくる。
(握手…?でもなんでただの店の従業員と??)
とまた思考が追い付かないけど、とりあえず握手した。

すると最初はぎゅっぎゅっと強く握るようにシェイクしてきて、次第に
「きれいだね~」
と私の手に頬(髭でザラザラ)をスリスリしてきた(別にきれいじゃない、至って普通の手)。
(うわぁ…)
と思いながらドン引きしてたら、

舐めまわしてきた。

なんていうか、動物が犬食いするみたいにベちゃべちゃべちゃべチャ。

(なにこれ!!??)
普通の会社員が、真昼間に、普通のレストラン(断じていかがわしい場所とかそういうんじゃない)で、しかも公的な行事の最中そういう事するの!?
しかも周囲の同僚らしきおっさんが、ニコニコ笑ってこっちを見てる。
何かほほえましいものでも見てるみたいに。

慌てて逃げてトイレで手を洗いまくった。
体がガクガク震えてた。
「こんなことがあったんです」
と職場の人に報告したら、先輩のウェイトレスが
「ああ、私もされたわよ」
とさらっと言った。
『それぐらいなに?』みたいな反応だった。
いろいろドン引きして結局そこのバイトは辞めた。

他にも別件でおっさんの握手風習(?)にうへぇと感じた事はいろいろあるけど、あれは特に衝撃だった。
あの人は今思えば特殊枠の人だったんだろうか…。
二回り近くも下のしかも赤の他人のただの店員にそういう事してる同僚見て、ニコニコ笑ってるあの人たちもどういう神経だったんだろうか…。



なんか妖かい!?(7) (少年サンデーコミックス)