327: 名無しさん@おーぷん 2019/03/14(木)08:24:27 ID:IGB.2x.bs
友人がやっと離婚した。

最初のうちは友人から楽しそうな話ばかり聞いていて、私も良かったなぁと思っていた。
それが、友人が子供を産んだ辺りから旦那(A)がモラハラっぽくなって、徐々にその態度がおかしくなっていた。
友人はそれでもAが好きだったから、その話を周囲になかなか言えなかったようだ。
私も聞いたのは、かなりAのモラハラや束縛が酷くなってから。
結婚してもう10年は経ち、子供も小学生になっていた。

友人はかなりの完璧主義で家事も凄くしっかりやるタイプなのだが、Aは些細な事で難癖をつけてきたらしい。
「月に二回カレーが出ると『手抜き!』と怒るので、カレーを迂闊に出せない。子供はカレーが好きなのにカレーを出せなくて大変。」
とか(Aはカレー自体が嫌いなわけではない)。
他にも例えば、豚を使った料理が週に2とかあると、それが別の調理法でも「手抜き」呼ばわり。

お決まりの
「俺が食わせてやっている」「お前が働かないから俺が苦労する」
というAのセリフ。
しかし、友人が働こうとすると
「家の事疎かにするのか」
と止めてきたのはAの方。
そのくせ、友人にかかる費用(病院や美容院等)を出し渋り、友人は、そんな状態だから病院に行きたくても行けなくて我慢した事もあったそう。
それなのに自分で稼ぎに行く事も出来なくて、友人は八方塞がりに。
そのせいで不安定になりうつ状態になってしまった。




そこで初めて、私に電話が来た。
うつ状態で眠れなくなってるのに、Aは
「精神的に弱いからだ」
と精神科等の通院も認めてくれないようだった。
私はびっくりして、
「ともかく誰か身近な人に相談しながら通院の事等考えよう」
と言った。
遠方の私が直接協力出来る事が少ないから。
友人は、
「周りの人には怖くて言えない、(私)が遠方だったから何とか言えた」
みたいな事を言っていた。
モラハラって怖いね。
元々友人は勝ち気な方だったのに、友人はAの言う事に逆らえなくなっていた。

お金のかからない市のカウンセリングみたいなのに通うように勧めて、友人はそこが合っていたのか、徐々にうつ状態からは脱する事が出来た。
その後、回復した友人に離婚を勧めたが、友人はなかなか離婚に踏み切れなかった。
「子供が…」とか「世間体が…」みたいな感じ。
あとAへの愛情がまだ残ってたんだろう。
この相談は私が最初にAのモラハラを聞いてから二年位続いたかな。

(友人はこのままAの相談をしながらもAと離婚する事はないのかな)
と思っていた矢先。
ついに今年になり離婚が決定した。
きっかけは何と、Aの犯罪行為。
びっくりした。
そりゃデモデモの友人だって離婚決意するよな。

そこからの友人は早かった。
速やかに手続き等を進め始めた。
喧嘩の度に離婚をちらつかせて脅していたAは、最初は
「あーお前がそう言うなら離婚する」
と強気だったのに、だんだんごね始めた。
お金の問題でごねたり、子供の件で揉めたり。
まず、犯罪行為を働いといてその態度は何だよって感じだが。
何とか友人も頑張り、最近離婚が成立。
養育費とかも納得のいく額になったらしい。

最後の話し合いが終わった時、Aは
「今までありがとう、幸せに出来なくてごめん」
「出来れば一生一緒にいたかった」
「何かあればいつでも電話してくれ、いつでも力になる」
と言ったそうだ。

友人は
「何を今更」
「もう全て決まったので相談する事はありません」

と返したそうだ。
あんだけのモラハラに耐えた友人にそこまで言わせるって、
(友人はAの呪縛から解かれたのだな)
と思った。

それにしても本当に何を今更だよ。
その優しいセリフを、モラハラせずにかけていれば料理も上手で働き者の友人とずっと一緒にいられたのにね。
アホなのかな。



Bad Power (Twelve Planets Book 4) (English Edition)