118: 名無しさん@おーぷん 2019/02/06(水)21:05:02 ID:NkL.a3.bb
職場の上司A(40歳独身女性)がきつい。
もともと転職して入った職場なので「年下上司は仕方ない」とは思ってたけど、典型的な『自分は悪くない、仕事できない周りが悪い』を地でいくタイプ。
とにかく敵やターゲットが必要な人で、これまで入社した人も次々やめていくのは彼女のせいだったが、本人が全く気付いてない。

私と二十代のパートの子Bとはほぼ同時期に入社したのだけど、その後一年のうちに2人入って2人とも半年もたなかった。




私とBはお互いに、
「辞めるなら一緒だな」
と話していた。
一人ではとてもじゃないがやっていけない。
社長も「できればAをやめさせたい」と漏らしたことがあったけど、現在まで放置。

そんな中、家庭の事情で私が辞めることになった。
A以外の社員みんな、
「よくここまで持ちこたえてくれた」
と褒めてくれ、理解を示してくれ、Bは
「それなら私も次の子が入ったら辞める」
と宣言。
退職届も出した。

今月末で辞めることが正式に決まったところで、今日突然
「Aをよそに飛ばすから、残ってくれないか」
という連絡があった。

3ヶ月、せめて1ヶ月前にそう言ってくれてたらこっちも考えたけど、
今更感半端ない。
言ってないけど、実はもう次の仕事も決まってる。

人手が足りなくて大変なのは重々承知の上、一番忙しい時期までは残ってやるけど、これまで放置してた自分らでツケは払ってほしい。



無惨百物語 ておくれ (角川ホラー文庫)