325: 名無しさん@おーぷん 2018/12/19(水)18:29:04 ID:rIS
元友人の神経が分らない話。

元友人Aは20代の頃ライターをやっていて、“誰でも知ってる有名人”ではないけど、コアなファンがついている人だった。
Aは今は別の職に就いているけど、
「機会があれば復帰したい」
と希望していたので、ガラケーからスマフォにしたのをきっかけに昔のPNでSNSを始めた。

往年のファンが
「懐かしい!」
とか
「今でも好きです」
とコメント書き込んでくれて、Aが復帰を希望しているのを知ると、その人達(仮にBさん)が
「自分の買っている雑誌のアンケートやラジオの投稿でAの名前をそれとなくアピールするのはどうだろう」
などと色々提案してくれて皆で盛り上がっていた。
Aも
「本当にありがたい」
ととても喜んでいた。




ここまでならいい話なんだけど。
その後、SNSにAやBさん達より(多分)一回りくらい年下と見られるCさんが現れた。
CさんはAが凄くはまっているアイドルの同じファンで、それで二人は意気投合。
SNSはAとCさんがそのアイドルの萌え語りをする場と化した。
AのSNSだからどう使うかAの自由ではあるけど、BさんたちのコメントはスルーしてCさんのコメにだけ即レスしたり、
「Cちゃんとメールで語り合った」
とか
「長電話した」
等書き込むようになった。

私やAの知人友人達は、
「他のファンの目があるところで特別扱いはどうかと思う」
と諌めた。
でもAは、
「Cちゃんは友人なんだから優先して当たり前でしょ!」
と何が悪いのか理解してくれなかった。

たしかに相性とかあるからお気に入りのファンが出来ることは仕方ないと思うし、ファンから友人になることも悪いことではない。
ファン歴長い人が偉いわけでもない。
でもAのために
「微力ですけど」
と言って復帰の協力をしてくれてたBさん達の気持ちよりアイドルの萌え語りを最優先するAの無神経さが、情けないやら腹立たしいやらだった。
第三者の私たちから見ても
(ちょっと…)
と感じるくらいだから、当のBさんたちにしたらやりきれない気分だったろうと思う。
Aが
「私はプロで何年も仕事してきたからファンの扱いくらい手慣れてる」
とまで言った事もあり、私はAのSNSから離れた。

先日Aから久しぶりにメールがあった。
「誰も私にコメントくれなくなった」
と泣き言が書いてあった。
Bさん達往年のファンは、一人抜け二人抜けして皆去って行ってて、Cさんは別アイドルに鞍替えしたらしい。
Aは私に
「Bさん達の連絡先知っていたら、自分の復帰運動がどうなってるか確かめて欲しい」
そうだ。
本当に
(どの面下げて)
と思ったよ。

「連絡先知らないから(本当に知らない)」
と即断ったけど、Aはなんでこんな神経分らない人間になってしまったんだろう。
昔はもっとファンを大事にする謙虚な人だった。
これまでネットはあまりしない人だったから、急に小さな箱庭で女王様みたいな気持ちにでもなってはっちゃけたのかな。



戻らない…戻れない…(HIGHSCHOOLSINGER.JP)