724: 名無しさん@おーぷん 2018/11/18(日)19:05:15 ID:Wak
数か月前、知人から電話があった。
知人は私の学生時代の元カレに、
『(元カレ)が(私)と連絡を取りたがっている』と(私)に伝えてほしい」
と、頼まれたのだそうだ。

元カレは大学の同級生だった。
今私は四十代前半で、元カレと付き合っていたのは20年以上前。
共通の知人が多かったので、別れた後も付き合いが完全に途切れはしなかったが、卒業してから数年もすると、全く音信不通状態になった。

「どうして元カレは今になって私と連絡を取りたがってるの?」
と聞いてみたが、
知人も聞いてないらしい。
知人は元カレから直接頼まれたのではなく、元カレに頼まれた人から、さらに頼まれたそうだ。
つまり、
『元カレ』『頼まれた人』『知人』『私』
という流れね。
だから元カレが用件を言わなかったのか、元カレに頼まれた人が言い忘れたのかは分からない。
用件が何であれ、
「元カレに連絡を取る気はない」
と知人に伝えた。




翌日、知人からもう一度電話があり、
「(元カレ)が『どうしても連絡取りたい』って言ってるみたいなんだけど」
と言われたけれど、きっぱりと断った。


最近、大学の同級生に会って、元カレが私に連絡を取ろうとした理由が分かった。
元カレが言うには、
「数か月前(私に電話が来る少し前)、久しぶりに駅で(私)に会い、懐かしくて、
つい見つめてしまった」
のだそうだ。
そうしたら
「(私)が泣き出しそうな顔をした。
『可哀そうに、何か辛いことがあったのだろう』と
づいたら、逃げて行ってしまった。
いかけたけど、人が多くて逃げられてしまった。」
それで
「(私)が心配で、連絡を取ろうとしていた」
のだそうだ。

でも元カレが会ったのは、私じゃない。
駅で男性にじろじろ見られたり、追いかけられたりしてないから。
同級生に
「元カレに会ったの、私じゃないよ」
と言ったら
「ああ、やっぱり。
元カレが
『(私)に会ったのは○○駅だ』っていうから、別人じゃないかと思ってた」

○○駅は私の家から遠い。
つまり元カレは、無関係の女性をガン見して怯えさせた上に、走って追いかけたらしい。
私に間違えられたばっかりに。
女性には、なんだか申し訳ない。



裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち