753: 名無しさん@おーぷん 2018/09/18(火)11:36:07 ID:LNu
子供の頃、近所の家からいつも泣き声や悲鳴が聞こえてきた。
奥さんの声。
今で言うDVだったが、あまりにも子供の頃から聞き慣れていて
(あの家のおばさんは泣き虫なんだな)
くらいに思ってた。

悲鳴がエスカレートしてきた頃、親や近所のおばさん達が私たちの前で
「あの奥さんはなんで逃げないんだろう」
「稼ぎがあるし、逃げられないわけじゃないのに」
と噂していた。
子供だからわからないと思ったんだろうね。
実際よくわかってなかったし。




私と弟が、あとで姉にそれを言い
「なんで逃げないのかおばさんに聞いてこようか」
と言うと、姉は
「やめな」
と止めた。

しかし弟は「やめろ」と言われるとやりたくなる年頃で、おばさん本人に聞いてしまった。
「みんな『なんで逃げないのか』って言ってるよ。なんで逃げないの」
驚いたことに、おばさんは泣いた。
私は急いで弟の手をひいて逃げた。
泣き虫なおばさんとはいえ、大人を泣かすなんて酷いことをしてしまったと思った。

しばらくしておばさんは本当にいなくなり、私は
「私と弟のせいだ」「叱られる」
とびくびくした。
小6くらいまでびくびくしていたと思う。

おばさんの旦那さんは、おばさんがいなくなったら急におとなしくなって、ただの無口な酔っぱらいになり、二年くらい後に引っ越した。

大人になって、ふと思い出したらしい親に
「近所にいた、殴られてたおばさん覚えてる?」
と言われた。
おばさんは引っ越して半年くらいして、うちにお礼に来たらしい。
「こんな小さい子から見ても逃げない自分はおかしいんだ!とショックで、逃げるきっかけになった」
と言いに来たそうだ。
親は弟を叱るか誉めるか迷って、どうしていいかわからず、弟には言わずじまいにしたらしい。

ちなみに弟は全然忘れていた。
私一人で何年もびくびくしていた意味は…と思ったが、DVからおばさんが逃げられたのはよかった。



気付きのパワー 人を変える4つのキーワード