712: 名無しさん@おーぷん 2018/08/20(月)11:08:28 ID:Oqu
ベッドタウンの住宅地に家を買おうと思って、中古物件を見に行った。
築3年程度で子供のいる夫婦向けのつくりだったが、家主夫婦には子供もペットもいないからかなり綺麗な状態。
聞けば
「仕事の都合で手放さざるを得なくなった」
らしい。

周辺には適度に自然があるし、学校や病院・ショッピングセンターもそれなりに近い。
「住環境としては最高だね」
ってことで前向きに検討してたんだけど、
内覧終わって出てきたらその家の柵に中学生くらいの女の子とおばあさんがしがみついてた。




「ここは私の土地だ」「余所者は出て行け!」
と二人が騒ぐからびっくりして家から出られず、また部屋の中に全員でUターン。
家主に聞いたら、あのおばあさんの祖父がもともとこのあたりの地主だったらしい。
どう見ても七十代の老婆だったけどまだ50手前で、中学生くらいの女の子の母親だとか。
戦後にあっという間に土地を失い、今はまったく地主でもなんでもないのに、未だに
「このあたりの地主だ」
と言って威張っているらしい。

「威張ってるだけで何も害はないですから」
と家主が取り繕うように言ったけど、
(築浅のこの家を手放す理由って本当は…)
と考えてしまい、結局この家は候補から外した。
家を出るときにも二人して威嚇されて怖かったし、こんなのがご近所様なんて嫌過ぎるわ。

昨日、子供と動物園に行って楽しかったのに、動物が柵を揺らしてるのを見たら例の女の子と母親が柵をがたがた揺らす姿を思い出していやーな気分になった。


713: 名無しさん@おーぷん 2018/08/20(月)11:18:33 ID:g2e
害がないわけないだろ・・・
その元地主がスタンドアローンとは限らない。

714: 名無しさん@おーぷん 2018/08/20(月)11:25:13 ID:rxa
>>712
契約前にわかって良かったね



サルの檻、ヒトの檻―文化人類学講義 (LECTURE BOOKS 2期10)