660: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:00:26 ID:2Fd
とにかく神経がわからなすぎて笑った話。

私の母は、父と付き合う前に絵に書いたような糞男と1週間ほど付き合っていた過去がある。
あからさまな男尊女卑だったが、若かった母は「リードしてくれる素敵な男!」と脳内変換して交際を始めた。
が、あっという間に目が覚めてなかなか先に進ませてくれない母に、イラついた糞男の方から別れを告げた。

その男、その後はずーっと長い間母が復縁を求めてくると思ってひたすら待ち続けたらしい。




あらゆる知り合いに
「泣きながら復縁を求めてくる」
「身体を差し出してくれるなら復縁を考えてやらんこともない」

と、とにかく香ばしかったという。
そして気がついたら母は私の父と交際し、結婚して男2人・女2人産んでいた。

それを知った糞男は大荒れ。
末の子の私が20歳の頃に家に乗り込んで来たことがあって、警察のお世話になった。
その時の糞男の母に放ったセリフがまた糞で、
「うっわ、ババアだわ」
おそらく年を重ねた母を見て気持ちが冷めたのだろう。

父も糞男の事はよく知っており、
「若かった(母)が永遠に年をとらずに一途に自分を思い続けると思っているドリーム野郎だ」
と言っていた。

だとしても四半世紀ものあいだ、復縁を求めてくるはずだと妄想し続けるのが凄い。


661: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:11:42 ID:NRq
>>660
自分も四半世紀分ジジイになってるのになw
どんな魔法の鏡を見てたのかとw

662: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)21:23:32 ID:QGW
永遠に年をとらないどころか思い出補正で当時以上の美人を思い描いていたに違いない



Wasted Years