663: 名無しさん@おーぷん 2018/08/17(金)22:47:07 ID:zm9
10年前、10歳・8歳・4歳の子供がいたのに
「好きな人が出来た。
今思えばお前のことは元々好きではなかったのかも。
人生は一度きり。
彼女とやり直したい」
と勝手なことをほざいて出て行った元夫。
そんな酷い言葉を吐かれて、
(だったら何故3人も子供をもうけた)
と笑うしかなかった。
大した額でもない養育費(3万×3人)も一年ほどで途絶え、連絡も取れなくなった。

幸い仕事はあったし周囲の助けもあってどうにか暮らしていたが、父が亡くなったのを機に実家で母と同居を始めたのが2年前。
そしてこのお盆に、元夫が共通の友人だった人経由で面会を求めてきた。
会いたくなど無かったがしつこく来られても困るし、とりあえず友人の立ち合いを条件に指定の店に行った。




「やり直すことはできないだろうか」
「子供たちと暮らしたい」
「許してもらうわけにはいかないだろうか」

ってどの口が言うか。
好きな人とは成就できなかったみたいだ。
別れてすぐにフラれて、
「この10年近くの間、後悔の連続だった」
とか言われても。
私だけならまだしも、養育費が途絶えたってことは子供も見捨てたってことだろうよ。
やり直せると思ってるならお目出た過ぎて笑ってしまう。
どんな神経してんだ。
ふざけるな。

「やっぱり無理か」
って当たり前じゃないか。
仕事をしてるのかしていないのか何も分からないし、知りたいとも思わない。
憐れなぐらいみすぼらしい恰好で、多分ロクな暮らしが出来てないんだろうと思う。
だとしたら、戻ってきたがる理由も穿って考えてしまう。
何にしろ『元々好きではなかった』と言われたあの時、どれだけ私の心を傷つけたか、こいつは本当に分かっているんだろうか。
後悔や反省をして済むようなことじゃない。

「とにかく二度と顔を見せるな」
と言って別れてきた。
店を出る時、友人の
「だから無理だって言ったじゃないか」
ってのが聞こえた。
スレタイの王道のような出来事だった。



二度目はない feat. LIL'J