319: 名無しさん@おーぷん 2018/08/06(月)14:10:13 ID:9bp
まだ十代の頃、バイト先の年上の人で悩みとかをよく聞いてくれたりしてた人がいて、その人とお付き合いすることになった。
バイトの上がりが被った日は一緒に帰ったりとかしてた。

だけど、日を重ねるにつれすごい一緒に居たがるようになって、
上がりが被らない日もずっと外で待ってたりとかするようになった。




彼は車の免許も持っていなかったし、まだ初春頃の寒い時期だったので申し訳ない気持ちもあり、私もたまには一人の時間とか欲しかったので
「待ってなくていいよ」
って言ったんだけど、それでもずっと待ってた。
あっちが先に上がる日は必ず店内の私がいる所を通って
「今日も一緒に帰ろー」
って言ってきてた。

なんかその時点でちょっと冷めてきてた私はある日、
「親が迎えに来るから」
と嘘をついて一人で帰った。
しかしそれをどこからか嗅ぎつけたのか知らないけど、急に
「一人で帰ってるの?今どこ?」
ってメールが来た。
さすがに恐ろしくなったので以降のメールは無視して遠回りして帰ったんだけど、後から聞いた話では私の家のすぐ近くにコンビニがあって、すぐそこまで来て待ってたらしい。

好きって気持ちより怖い気持ちの方が勝ってしまったので、一ヶ月とか経ってなかったけどお別れしました…。
人に話せば
「それが可愛いって思えるかどうかだよね~」
って言われたけど、
私は可愛いとは思えなかったです…。



Kowaii 怪談実話コレクション (MF文庫ダ・ヴィンチ)