717: 名無しさん@おーぷん 2018/08/03(金)16:37:23 ID:D6p
友やめスレを読んでて思い出した、やめられた話。

私は現在三十代半ば。
中学生の頃からとあるアイドルヲタで、5年前まで生活の中心がそのアイドルだった。
ヲタ仲間もそれなりにいて、イベントはもちろん、それ以外の休みの日も常にヲタ友と一緒だった。
当時、お付き合いの経験は2人だけだったけど、どちらからも
「自分とアイドルどっちが大事なの」
と言われて振られた。




けど5年前、たまたま知り合った男性と付き合い始め、あまりにもフィーリングがあってあれよあれよというまに結婚。
「結婚なんて一生しない!私は、ヲタ人生をまっとうする!」
と宣言していたので、周囲はめちゃくちゃ驚いた。

そして結婚後、自分でもビックリするくらい、ヲタ熱が冷めた。
嫌いになったわけではなく、テレビで見られれば十分で、現場への興味が失せた。

そしたらあっという間にヲタ友が離れていった。
のはしょうがない。
でも、SNSはブロックされ、
「旦那がいたってヲタ活してる人はいっぱいいるのにあなたはおかしい。
そんな人だと思わなかった」
「もうあなたとは話しもしたくない」
「最低」
と面と向かって言われまくった。

見てる方向というか、熱が違ってしまったからしょうがないと思いつつ、こんなに他人からボロクソに言われたのは初めてだったし、友達を失ったのも初めてだったので、しばらくめちゃ落ち込んだ。

でもこないだたまたま当時のヲタ友のSNSにぶち当たって、昔と変わらない熱でヲタ活してるのが分かったけど、
それになんの感情もわかなかったのでちょっとほっとした。



人は、いつ旅立ってもおかしくない (PHP文庫)