799: 名無しさん@おーぷん 2018/07/18(水)05:29:49 ID:ilt
最近、私が契約してる派遣会社の社員が辞めた。
それは別にいいんだけど、私が執念深いせいか2年も前の事がふらっと思い出されてモヤモヤしてしまう。

2年前、派遣会社内で忘年会を開こうという話になった。
その社員ともう一人派遣の人が色々決めたり場所をセッティング。
座敷のある居酒屋で、男女で席を混合にして座ろうという事になった。

その時点で
(え、小学生かよ…そんな事して大丈夫なの?)
と一瞬不安になったけど、
(口に出すのもちょっと、なんか雰囲気悪くするかな)
とか
(自意識過剰かも)
とか、無理矢理理由をつけて自分を納得させた。




きたる当日、忘年会は無事開かれた。
それぞれが料理を自分の皿に取り分け、飲み物が来たところで乾杯、料理を楽しむ。
取り皿の上が各々無くなって来た頃、向かいの席に座っている派遣の男の皿が空になっている事に気付いた件の社員が
「(私)さん取り分けてあげなよ!女の子なんだから!若くてかわいい女の子に取り分けられたら嬉しいって!」
と言った。
ものすごいイラッ!と来たけど
(顔に出すと雰囲気が、折角の飲み会が)
と良い子ちゃんすぎる思考で、その後も何度か人間取り分けマシーン(♀)になった。
その他にも「彼氏はいるのか」とか、「うちは社内恋愛も別にOKだ」とか何故かそういう話題ちょくちょく出された。
(無礼講の意味をはき違えてるのかこのボケ?)
とイライラ。
(こんな事の為に3000円も)
とさらにイライラ。

忘年会が終わり、派遣おばさん発案で二次会のカラオケに無理矢理連行された。
お金が無いを理由に(今思えば苦しい言い訳だった)断ろうとするも、派遣おばさんが
「(私)さんの分出してあげるから!親睦を深めなきゃ!」
とゴリ押し、いらないと言ってもゴリ押し。
「○○さんが(私)さんの分も出してくれるって言ってたから、ちゃんとお礼言いなさいよ!」
今すぐこのカラオケ店が炎に包まれないかと思った。
もしくはこのBBA二人が炎に包まれてくれと願った。
もちろん件の社員、そのやりとりを見ているのか聞いているのか知らないがノータッチ。

そして舞台はカラオケ店の一室へ、そこでも引き継がれる男女席混合、もうもうと煙る煙草、先刻向かいに座っていた男が話しかけてくる度に繰り出す太腿と二の腕つつき。
何の手綱も取らない社員。
自分の無力さと無知を嘆きながら、受けたボディタッチセクハラへの愚痴を家に帰っておーぷんではいた。
(小さい事でこんなに腹を立ててしまって)
とも思ったけど、読んだ人は殆ど憤ってくれて少し救われた。

その中で目に入った
「これ元凶は社員だぜ」
というレス。
(まさかそんな)
と思っていたけど、その後少ししてから仲良くなった情報通な感じの派遣の人から聞かせてもらった、その社員の無能エピソード群に
(なるほど…)
と唸ってしまった。

覚えてても謝罪してもらえる訳じゃないから忘れようとしてるけど、モヤモヤするので忘れますようにと書き込み。
すごい長くなっちゃった。
こういうのを即座にその場でぶちのめせる強さと知識と経験が欲しい。
力が欲しい。
この社員を生贄に捧げて力が手に入ったりしないかな。



ARMS(4) (少年サンデーコミックス)