674: 名無しさん@おーぷん 2018/03/18(日)20:24:49 ID:S2w
まとめでお世話係の話をみて思い出した。

大学時代、養護教諭(保健室の先生)を養成する教育学部にいたんだけど、
(この子が教員なんて大丈夫だろうか)
というくらい内気なAという子がいた。
まあ養護教諭は採用が本当に少ないから、途中で別の進路を目指す子が多かったんだけど、実習は必修だから心配だった。

Aの母校は進学校だから勉強は出来るんだろうけど、Aは毎日忘れ物をしているし、話しかけても蚊の鳴くような声で単語でしか返ってこないような子。
Aと同じ高校だったB(私の親友)に聞いたんだけど、
Bは高校時代、毎日Aのお世話係をさせられていたそうだ。




Aは最初、Bと友達だった。
Aは当時から異常な無口で職員室で「失礼します。○○先生お願いします」というのも恥ずかしがって、Bを連れて行ってBに代わりに言ってもらったりもしていた。
おまけに当番や係・委員会も忘れるから、
「Aちゃんにちゃんと教えてあげて。」
とBは毎日、生徒や先生に注意されたそうだ。
文房具や教科書なども毎日何かしら貸してあげたが、貸した物を失くされることもしょっちゅうだったらしい。

Bがそのことに嫌になってAを避けたら、Bは先生に呼び出され反省文を書かされ、一日だけ停学処分に。
両親にも怒られたらしい。
それ以来、休み時間も担任が来て、一緒にいないとBを怒った。
Bは
「卒業までの辛抱だ」
と耐えることにしたそうだ。

そして3年になって、BはAO入試で早いうちに大学に合格。
Aは
「夢がないから大学が決まらない、県立大にしようかな」
と言っていたが、
Bが合格を決めると
「私もそこにする!」
と、同じ大学の同じ学部を受けた。
もちろん、養護教諭を目指していたわけでなかった上、大学を受験するまで養護教諭という言葉を知らず、養護学校の先生のことだと勘違いしていたらしい。

大学入学後、BはAをスルーし続けた。
見た感じ一緒にいる様子はなかったが、
AがBと同じバイト先で働こうとしたりしてきたこともあったという。

結局、Bは教員にならず、全く関係のない公務員系の就職をした。
その採用試験には実技があったけど、それはAに出来ないことだったので、Aは就職までは真似できなかった。
Aは仕方なく教員採用試験を受けたけど、面接に全て落ち、産休代理の養護教諭になった。
そこで生徒や先生とうまくいかずフリーター(工場とか)になり、今は専業主婦をしている。


ていうか、よく教育実習の単位もらえたな。
あと、顔は悪くないとはいえ、その性格でよく結婚できたな。
そこにも驚きだわ。



ついてくるもの (講談社文庫)