242: 名無しさん@おーぷん 2018/03/17(土)19:33:56 ID:mwM
23歳の時に付き合ってた彼氏が神経分からなかった。

生活習慣の違い(私は早寝早起き、彼は遅寝遅起き)から会える時間帯は限られてたけど、お互い合わせて会ってた。
でも、向こうが段々とこちらに遅寝を求めるようになって、深夜に
「会おう(近所だった)
とか言うようになり、ちょっとしんどくなってきた。

そんな時、クリスマスに私が熱を出して会えなくなった。
「仕方ないね」
って向こうは納得してくれたから寝てたんだけど、その2時間後くらいに何回も電話かけてきた。
何事かと思ったら
「お前浮気してるだろ!」
って言われた。
「なにが?」
って言ったら、どうやら
「出会い系サイトに(私)と住んでる場所・年齢・名前(よくある名前)が同じ女性がいる!
お前だろ!」

ってことらしかった。




熱でイライラしてた私は
「同じ場所(割りとでかい市)に住んでて同い年の女性なんていくらでもいるし、名前が被ってるからなに?
てか出会い系見てるあなたはなんなの?」
って言ったらなんかモゴモゴしてたけど最終的に
「ごめん」
って言われた。
「とりあえずそんな疑いかけられて付き合っていたくないからもう連絡しないで」
って言って関係は終わったはずだった。

それがなぜかそれからも
「飲みに行こう」
とかメールで誘いがきて、その度に
「友人としても付き合う気はない」
って返してたけど、よく分かってない様子だった。

そんなやりとりも3回目になろうとした時、私もいい加減めんどくさくなって電話した。
「変な疑いかけられて別れた人とまた友達として付き合っていけるわけないよね?」
って言ったら
「俺はまた友達として付き合ってあげてもいいと思ってる。
俺の女友達も一緒だし、変な勘違いしてない?」

って言われたので、
「友達に戻る気はない。
会う気もない。
これ以上連絡してくるなら拒否する。
ただでさえロクな別れ方してないんだからこれ以上意味分からないこと言わないで」

って言ったら、
何故か泣いてた。

それから連絡は無くなったけど、こういうのがいつまでも女が自分のことを好きだと思ってる男なのかなー。
ほんとわけわからん。



かんちがい閉口坊 (文春文庫)