278: 名無しさん@おーぷん 2018/03/08(木)19:45:36 ID:veb
もう20年くらい前の体験談なんだけど、最近似たような話を身近で聞いたので書きに来た。


私と夫は交際3年で入籍したんだけど、実は夫の母親(姑)に結婚をものすごく反対されてた。
理由は私のほうが身長が高くて年齢が上(2歳上)だから。
姑に半年反対され続けたけど、舅に癌が見つかって
「息子の晴れ姿をみたい」
と舅が姑に懇願したのでしかたなく許されて入籍、挙式したという流れだった。
舅は手術が成功して今もピンピンしてるらしいけど、当時は今にも死にそうだったので、姑も根負けしちゃったんだろうね。

ところが入籍して半年くらいたった頃に、自分の実家でごたごた(身バレするから詳細は伏せます)が起きた。
その流れで自分の戸籍謄本の写しを取ろうとしてみたところ、本籍地になっているはずの現住所の役所で
「取得ができません」
って言われたのね。
「それはおかしい」
って押し問答して住民票を取ろうとしたら、
「住民票もありません」
っていわれたわけ。
「おかしい」
ということで実親に連絡して、親のほうで戸籍謄本を確認してもらったら、
なんと親と同じ戸籍に私がいる、つまり結婚前の状態になってた。




「これはただごとではない」
ということで、実家のごたごたのときに頼んでた弁護士さんをまた呼んで、夫を実家に召還して事情を聞いた。
そしたら実はまだ籍を入れてなかったことが判明した。

夫(正確には彼氏?)は
「(姑)があんまり反対するから可哀想になって、婚姻届を処分した」
らしい。
婚姻届は夫ひとりで提出しに行ってたし、『入籍できましたよ』って通知が来る地域じゃなかったこともあり、それに夫の扶養に入ってからもらった保険証はきちんと夫の姓になっていたから、まったく気づかなかった。
聞くところによると、『結婚したから扶養に入れるよ』という書類を提出するだけでよくて、戸籍や住民票の写しも要らないんだってね。
私は当時仕事もしてなくて免許もなくて、唯一名義変更をした○○信金の口座の保険証だけでOKだった。
今の時代はそうじゃないんだろうけど、当時はゆるゆるだった。

夫とはすぐに別居して
「結婚詐欺だから訴える!」
と弁護士さんを通じて夫に連絡したら、
「バレちゃったならしかたない、じゃあ改めて籍を入れようよ」
とのんきな回答w
「そういう問題じゃないよ」
と懇々と言い聞かせ、裁判沙汰を嫌った舅の一声で慰謝料をもらって、まあ籍は入ってないんだけど体裁的に “離婚” しました。

そのあと夫は『“妻”を扶養に入れた』ってことで減額されてた税金やら組合の制度でもらった祝い金やらを「返すように」と会社に言われて、
「“元妻”に慰謝料を払ったから払えません」
とやらかし、かなり揉めたらしい。
「返さないとクビにする」と脅されて、私の実家まできて
「というわけだからお金返して」
をやらかしたので、父と一緒に買い置きの塩を2袋もあけてぶちまけてやった。

結局最後はまた舅が尻拭いをしたらしくて、どうしようもないやつだなーと心底呆れたよ。


280: 名無しさん@おーぷん 2018/03/09(金)10:33:32 ID:I8k
>>278
うちの会社の場合、保険証の発行には確かに戸籍や住民票はいらない
言われてみれば偽造というか虚偽申請ができちゃうんだな・・・

ひどい目にあったけど、そんな馬鹿一家のせいで戸籍が汚れなくてよかったね



他人事(ひとごと)