713: 名無しさん@おーぷん 2018/02/23(金)12:43:09 ID:Tvr
当方女、相手は男です。

付き合った人が、なぜか期待いっぱいだったことがある。
初めて部屋に行った日、
1DKの狭い部屋でベッドの上に立ち、部屋を見回しながら衝撃的な事を私に言った。

「この部屋にさ、俺に必要だなーと思う物があったら揃えといてよ。
あと俺、仕事が終わったら毎日ビール飲むからさ、6缶パックのやつ?切らさないように毎週冷蔵庫に入れといてくれよ。
あっそうだ、まだ鍵は早いかなー、とりあえず鍵をポストに入れておくからさ。
俺が会社に行ってる間に掃除とか料理しといていいから、お前、料理作るの好きだろ?
冷蔵庫にさ、お前の手料理を入れといてよ、朝とか夜に食うから。
冷凍庫にもいろいろ入るから、ここはレンジでチンすればいい奴作っといて。
俺、料理にはうるさいからな、お前だからって甘くはしないぞ。
あとお前が普段使ってるルクルーゼとかあるじゃん?ああいうお洒落な鍋とかお前の好きに置いていいから。
ダチが部屋に来た時とかさ『あれ何?』って聞かれたら『あああれ?彼女が料理作る人だからさー』って言ったら自慢できるじゃん。
あっ、そうだ!金だ!忘れてた!
俺に使って欲しかったらテーブルの上にさりげなく置いてっていいから。
部屋のデッドスペースはお前に全部任せるから、好きにして整理していいよ。
あとはー、そうだなー、何してもらおうっかなー?」

と感無量の表情。

ベッドの上で両手を広げて遠くを見るような喜々とした顔で声高に捲し立てる姿が、まるでミュージカルのワンシーンみたいで、今にも歌い踊りだしそうな雰囲気に、本気で舞台でも見ているようだった。
男は演技の経験なんかゼロのはずだったんだけどね。

ついでに、料理の材料は全て私の自腹、彼の部屋まで電車とバスを乗り継いで3時間はかかるし、彼は社会人で、私は普段の日は大学があるしバイトでカツカツだったので、何を考えてるんだかわからず。

二度と連絡を取りませんでした。


714: 名無しさん@おーぷん 2018/02/23(金)12:53:10 ID:Bfc
>>713
遭遇してしまったあなたにしたら笑い事じゃなかったんだろうけど脳内再生されて笑ってしまった
むしろ良い彼女キャンペーン前に氷点下まで冷え切ってバッサリ切る事が出来る良いチャンスだったのかな

715: 名無しさん@おーぷん 2018/02/23(金)15:56:12 ID:Ryy
>>713
何に影響されたらそんな風になるんだろうね

716: 名無しさん@おーぷん 2018/02/23(金)16:07:38 ID:4sg
>>713
ロバーツ秋山が女のカツラかぶって
高畑充希がかんぽ生命のCMやってるときみたいな舞台設定で脳内再生された


717: 名無しさん@おーぷん 2018/02/23(金)16:32:45 ID:Tvr
713です。
本当、氷点下まで冷え切りました。
最初は何かの冗談かと思ったし、ああいうセリフのある舞台があるのかな?
とも一瞬よぎったのですが、長い長いセリフを言い切った後の満たされたような表情と、小さい声で
「これでやっと人生が始まるよー」
とポツリと呟いたのにゾッとしました。

その後、男が親友だと言う人と話をしたのですが、
その人は男を親友とは思っておらず
「一度話しただけ」
更に、
あれだけ豪語していた友人達も、パーティー仲間も、信頼できる先輩も、人懐っこい後輩も、実在しませんでした。

今思うと、
「空想が趣味」
と言っていたので、
(空想上の『愛される俺』がしてもらっている事を、全てしてもらって自分が愛されている事を示して欲しかったのかな?)
と思います。

これからも期待のハードルを下げずに、常に上を目指して一人でいて欲しいです。



青春H 終わってる [DVD]