228: 名無しさん@おーぷん 2018/02/05(月)15:24:49 ID:RB6
個人情報の保護がゆるゆるだった、昔の話。
おばちゃんの昔語りだから長いよ。


私の実家の地元では、お見合いして順調に話が進んだら、結納・婚約の前に互いの戸籍を相手には知らせずに確認するのが常識だった。
本人たちがやるんじゃなくて、親たちがやる。
戸籍謄本は記載されている誰かの名前を騙って、ハンコがあればあっさり出してもらえた。

そこで本人だけじゃなくて家族も含めて戸籍に問題があって破談にする時は、そのことは相手には言わずに、仲人を通して
「(相手)様のお宅が立派過ぎて、うちには過ぎた御縁ですので」
と言うのが決まり文句。
言われた方の親も
「御縁がありませんでした」
と引き下がるのがルールだった。
本人たちも深くは突っ込まず、それに従った。

もちろん、本人がまっとうな人なら他のことは気にしない、ということもあった。
例えば、本人がよそからもらった養子で、でも本人は知らされてなくて、戸籍に記載はあったが両親がうまく隠し通してきた…ということで、相手の家も納得して「一生そのことは言わないでおこう」となって幸せに結婚した…ということはあったが、それはまれなケース。




229: 228 2018/02/05(月)15:25:22 ID:RB6
前置きが長くなったけど、私が25歳の時にお見合いをした時もこれで破談になった。
仲人を通して、
「うちには過ぎた御縁ですので」
の決まり文句を言われて、何事だと戸籍を見てみたら。
父に婚外子がいて、認知していて、ばっちり戸籍に記載されていた。
母も知らなかった。

それまで戸籍を見たことがなかったのかと言われるだろうが、私が18歳の時に海外旅行をするのでパスポートを作って、その時取った戸籍には何も問題はなかったのだ。
私が21歳の時に、よその女との間に作った隠し子だった。
「(父とその女とは)長いつき合いで、一度(父)の子を流産したことがあって、『今度こそ生みたい』と泣かれて仕方なく……」
じゃねえよ!

見合い相手の人は
「あなたには関係のないことだからこのまま進めたい、結婚したい」
と言ってくれた。
が、恋愛から始まった仲ならそれもありだろうが、お見合いは条件から入るもの。
条件に合わなくなったら進めていけない、相手の家にも礼を欠く、と私は思った。

230: 229 2018/02/05(月)15:25:55 ID:RB6
破談になった後、両親は離婚した。
母は可哀想だったが、お嬢様育ちの母は
「私って可哀想」
ばかり言って自分の実家に逃げて隠れてしまったので、何もかも嫌になって私は一人で東京に出た。
それまでは一応良家の一人娘で、仕事もコネでぬるくやっていたのだが、それが通用しない東京でハローワーク通いから始めた。
以後はずっと一人でやっている。

何の神経がわからないのかというと。

見合い相手の戸籍を確かめるという習慣があって、隠し子なんかいたら一発で破談になるとわかっていたはずなのに、
「(私)も、いよいよ嫁に行くのか……(しんみり)」
「(見合い相手)君とも飲みに行かなきゃな(ウキウキ)」
「(見合い相手)君もまだ若いから、初めは共稼ぎかな?(笑)」
などと、「花嫁の父」ごっこをぬけぬけとやっていた父の神経がわからんのである。


231: 名無しさん@おーぷん 2018/02/05(月)15:33:49 ID:lXH
で、隠し子発覚後に父親はなんと?
破談になるのわかってて、花嫁の父ごっこについて父親に文句は言ったのか?


232: 名無しさん@おーぷん 2018/02/05(月)15:53:57 ID:2Dk
>>231
228,229,230です。
もちろん文句は言いました。
でも「神経がわからん」ですからね、
『何が悪いのかわからない』
って態度でしたよ。
都合の悪いことにはだんまりでね。
それで私もあれこれ言うのも嫌になったんです。



ちゃらおんじ ちゃら缶バッジ なるほどわからん