101: 名無しさん@おーぷん 2018/01/31(水)12:04:00 ID:fYu
義叔父(夫の父方の叔父・48)が結婚相談所に入会したらしい。
結婚したくなった理由は母親・84がボケてきたから。

義叔父は三人兄弟のうち一人だけ歳の離れた末っ子だったから、両親に溺愛されて育った、とても受け身な人。
義叔父の父が創業した会社は長男が継ぎ、義叔父はお飾り役員に就任。
会社の業績が順調なので、48歳まで「ただ出社しさえすれば、あとは折り紙折っててもいい」環境で生きてきた。
その歳までずっと母親(夫の祖母)と実家住まい。
父親は鬼籍。




結婚相談所は『仲人カウンセラー』なるものがいて、紹介するだけじゃなくて、検索の段階から一緒にやってくれたり色々アドバイスしてくれたり会う時も希望があれば付いてきてくれたり、いたれりつくせりの所らしかった。
しかし義叔父はそれでもダメだった。
何もしないから。

紹介してもらっても、会うための日時を決めるとか店を決めるとか、何もしない。
カウンセラーがお店を予約して全部セッティングしても、その場にいってごはん食べて帰ってくるだけ。
話しかけないし、何も質問しない。
唯一マシなのは自分の分の食事代は必ず払って帰ることか。
でも義叔父は “外食でレジで払う” のをやったことがなくて、カウンセラーさんに
「払ってきて」
って頼むらしい。
「お金は出すから」
って。
「コンビニ以外のレジは苦手」
なんだって。
意味わからん。

今まで女性と4回会ったけど、当然4回とも当然ダメ。
義叔父は結婚相談所に登録さえすれば自動的に所員がお嫁さんを目の前に連れてきて、「はい結婚相手よ」「結婚式手配するよ」って全部お膳立てしてくれると思ってたらしい。
今までの人生、全部誰かがやってくれたから。
でも4回も女性に会っても結婚できてないから、心底不思議がっているそうな。

義両親(義父/舅が義叔父の兄にあたる。次男)が頭抱えてた。
夫祖母は施設に入れる手配が整ってるのに、
「(義叔父)ちゃんを置いておけない」
って言い張るし、義叔父は
「まだお嫁さん来てないのに、ママを連れて行かれちゃ困るよ。ボクどうしたらいいの」
状態だそうだ。
舅が
「甘ったれなのは知ってたがあそこまでとは」
と嘆いてる。



連れてけ天国 (花音コミックス)