(前のお話)

214. 名無しさん 2018年01月14日 13:18 ID:vOLJLb5E0
以前に『勘助式婚活』というタグ付けで紹介していただいた者です。
最近の記事の「その年齢にしては少々~」を読んで色々と思い出したので投稿させてください。
長いですが、目を通してくださると嬉しいです。


例の男からの粘着が収まりホッとしたのもつかの間、暫くしてから同年代の上司に目をつけられてしまった。
というか、アプローチされていることに気付いてなかった。
上司には美人の奥さんと娘さんが二人いて、可愛がっていたから。

今なら既婚でも油断は禁物ってことは判るけど、当時はまだロミオやら勘助やらの存在を知らなかったので、安心して気を抜いていた態度を『この女ならイケる』と思わせてしまったらしい。

私は男性が苦手。
けど、人間は嫌いじゃない。
だから同僚や先輩後輩、上司部下って関係なら普通に接することが出来る。
けど、どうしても友人以上になれない。
つまり、その上司相手とも友人ですらない接し方しかしていなかったんだが。

アプローチはベタベタな『妻と上手くいっていない』アピール。
けど鈍い私は
「嫁と上手くいってなくて~。どうしたらいいかな?」
→「私に言われても困りますよー」
「嫁の機嫌が悪くてさー、朝はコンビニで買ってきたよー」
→「ふーん、そうですか~」
「嫁がイライラしててさ~」
→「ちゃんとお手伝いとかしてます?」

素でこんな感じに返してた。




215. 名無しさん 2018年01月14日 13:18 ID:vOLJLb5E0
そんな私に業を煮やしたのか、とうとう上司は
「他の奴も来るから」
と騙してカラオケルームに二人きりという環境を作り出した。
そして
「お前が好きだ。
お前が俺と一緒になってくれるなら妻とは別れる!!」
私、唖然。
そしてパニック。

この上司、私が男性苦手だって知ってる。
上司がまだ同僚だった時、
「彼氏を作らないのか」
と聞かれて答えたから。
理由までは話してないけど、苦手ってことだけは割りと何回も言ってたのに。

恐怖でよく覚えていないんだけど、そこにいくまで結構な会話はあった。
多分、こんな感じ。

「無理です無理です。てゆーか私が男性が苦手って知ってますよね!?」
「俺と普通に話してたじゃん!」
「あなたが既婚者だから安心してたんですよ!」
「つまり俺は平気なんだろ?」
「そういう関係になるのが無理なんです!」
「そもそもなんで男が嫌いなわけ?教えろよ!でないと納得できない!」
「離婚した元の父親が殴る人で」
「昔のことでしょ?」
「……中学時代にイジメを受けて」
「昔のことでしょ?」
「…………親友がひどい目に遭って」
「ひどい目に遭ったのはトモダチでお前じゃないんだろ?
なんでお前がショック受けるわけ?
おかしいじゃん」

↑これは腸が煮えくり返ったので一字一句そのまま覚えてる。
「私はショックだったんですよ!」
「そいつらと俺は別人なんだからおかしいよ!」

まあ何とも無神経極まりなかった。
ものにできなくてイラついてたのかもね。上司、イケメンだったし。
何を言っても私の気持ちに寄り添う気配がなくて、怖いやらそれ以上に腹立つやら。

で、言われましたよ。
「俺が治してあげるから!!」

216. 名無しさん 2018年01月14日 13:20 ID:vOLJLb5E0
私、泣いた。
で、例の男の粘着のことをぶっちゃけた。
そいつのせいで男性への苦手意識が悪化して最早どうにもならないことを。
そしたら、なんと諦めてくれた。
男から見てもうわぁ…案件な奴だったからなのか、はたまた知人という具体例によって漸く現実を悟ったのかはわからないけど。

この上司のお陰で、私は男性への苦手意識が完全な「男嫌い」へとレベルアップした。


しかし、わかったこともある。
男嫌いな女性に無理やり迫るアホ男は「俺ならこの女を治せる!」という根拠ゼロの自信の他に、
・男が嫌い
→俺個人のことは嫌いじゃない
→しかも普通に話してくれる
→つまり俺は特別!
→ならヤれる!
という解釈をする奴もいるってこと。
多分だけど、女性からの「お友だちのままでいましょう」という断り文句を、「脈あり!」と勘違いするのと似た感覚だと思う。
苦手なだけで怖い訳じゃないから、社会人として失礼のない応対をするのは当たり前。
上司のみならず、他の男性社員とも話してたのにね。

あと男嫌いを、思春期の少女の『男なんて不潔』程度のものだと思っている奴も多い。
これは残念なことに男女問わずで、「厨二乙www」と見下してくる。
自分が異性大好きだから、異性を嫌いになる気持ちが理解できないんだろう。

ロミオや勘助の存在を知るまでは、『男嫌い』は有効な断り文句だと思ってた。
完全に脈なしだって伝わると考えていたから。
むしろ地雷を引き寄せる要素なんだね。
今は当時の自分の対応が如何にダメだったか理解して、たまに頭を抱えてしまう。


ちなみに上司はその後もチラチラしてきたけど、何事もなかったように振る舞っていたら半年ほどで退職した。

お目汚し、失礼いたしました。



魂心Tシャツ うん、それ無理。(MサイズTシャツ黒x文字白)