899: 名無しさん@おーぷん 2017/12/14(木)21:38:37 ID:l0U
(元)友達のY美とその家族の神経がわからないと思った話。

Y美には2歳下の従姉妹(以下 M子)がいて、私もよく一緒に遊んでいた。
しかし、M子の活発で好奇心旺盛な性格がY美にウザがられたらしくて、M子抜きで遊ぶことが多くった。
それと同時にY美の口からもM子の悪口を聞くことが多くなった。

ある日、M子が通学路で泣いていたのを発見した。
どうしたのか聞くと…。
M子はY美の家に用事があり、M子の母親と一緒にY美家に訪れたらしい。
しかし、Y美とY美の母親に
「あんたと遊んでいると私が品性と知性を疑われる。だから私に近寄らないで。」
と言われたらしい。
母親同士で喧嘩になり、M子母はM子に「一足先に家に帰るように」と言いつけたが、その帰り道にM子は悔しさが込み上げて泣いてしまったとのことだった。




正直言って
(暴言を直接本人に吐くY美母娘のほうが知性も品性もない)
と思った。
とりあえずM子を私の家に一旦連れていって落ち着かせてから、M子の家に送り届けた。

それから私はY美とは疎遠になったが、そのまま付き合いを続けていたM子の相談によって、Y美の近況が耳に入っていた。

Y美は相変わらずで、中学の時は部活でM子をハブったり
「障害者w」
と言ってボールをぶつけるなどのいじめをして問題になった。
高校ではM子とY美は部活が違うためにあまり接点はなかったが、バスの中でM子いじめの仲間たちと
「ブスw」「死ねw」
など暴言を吐いたり、M子の外見を誰かが褒めるとM子の失敗したことなどを誇張したり嘘を交えて、面白可笑しく話したり。
あとは後輩達を先導してM子をいじめさせて不登校寸前まで追いやったりと、結構ないじめをしていた。

当然、M子の両親が学校やらY美の家やらに抗議をしたものの、学校は
「生徒同士で話し合ってください~」
Y美家は
「お前の娘が出来損ないだからだ!
うちの子はこんなに凄くて~
(以下 Y美がどれだけ優れてるかの自慢)」

と言われて埒が明かなかったようだ。

そしてM子が、そんなY美を見返したくて私に
「勉強を教えて欲しい」
と頼みに来た。
私はM子に自分のわかる範囲で勉強を教えた。
その甲斐あってかM子は成績が上がり、地元では結構なレベルの大学に合格した。
今でもM子から連絡が来るが、友達も彼氏も出来たらしく充実した日々を送っているみたいで、よかったと思う。

一方Y美はというと、大学を受けようとしたが成績が悪すぎて就職しか道がなくなり、介護の道に進むもあまりにもキツすぎて
「もう嫌だ!」
と家で暴れているらしい。
そして、Y美親はM子の両親に借金をしようとしたものの、
「うちの娘にした仕打ちを忘れたのか。二度とくるな」
と門前払いされたらしい。
このことはY美親がM子家の前で土下座して結構な騒ぎになったので、近所の人たちはみんな知ってる。

風の噂によると未だにY美の家族たちはM子の家族を見下しているらしい。
あんだけ一家ぐるみで酷いことして、金を借りようとして、更にまだ下に見ているという神経がわからない。

とりあえず、M子にはこのまま幸せになってほしいと思っている。



重力ピエロ (新潮文庫)