449: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)12:45:56 ID:zcw
元彼は元放置子だったけど、強烈だった。

時間があればあるだけずーっと喋りっぱなし。
攻撃すれば構ってもらえると思ったのか、人がいると興奮するのか、目の前でわざと正反対の行動をとって、怒る私に得意気な顔で屁理屈こねて演説したり、ニヤニヤしながら騒いだり説教してきたり、とにかく喋り続ける。
一緒にいても電話してても、接触している間はずっと私を実況中継しながら怒って喋り続ける。
内容は
「だからお前はダメなんだ!」
をリピート。

その癖、世話してもらいたがりで、毎回元彼の家でおうちデート…と言うより家事をさせられるお母さんごっこだった。
電車とバスを駆使して片道4時間の距離なのに
「寝る時に電気を消してほしいし、朝ごはんの匂いで起きたいから終電で帰らないで俺が寝てから夜中にスクーターで往復して」
と懇願された時はゾッとしてしまった。




もう1つ酷かったのが、『自分は普通だ』と言わせる事。

どっちの柄がいいとか、どっちのコップがいいかとか、何でもないような事に喜々とした顔して
「まず、どっちが普通か決めよう!普通の人が言う事の方が正しいよね?俺は家族仲がいいよ、お前は?」
家が家族仲が悪いと知った途端にこれ。

450: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)12:48:24 ID:zcw
他にも、身長や元彼独断でどっちの趣味が高尚か、(ほぼ切られてるのに)スマホに登録されてる友達の数とか、勝てそうな事を手あたり次第に持ち出してきて、
「自分の方が普通だ」
と認めさせようと必死だった。

よく言ってたのが、
「親はいなくても子は育つ」
私が「体は育っても心は成長しないよ」と言うと
「だって俺はまともに育ったよ?俺普通でしょ?普通だよね?少なくともお前よりは」
こうなると、肯定するまで騒ぐのがいつものパターンだった。
元彼の家では
「小学校に上がる前から両親は別の家に住み、夜遅くに母親が弁当を1つ買ってくるだけだった」
と自分で言ってたけど、それすら
「普通だ」
と言い張ってた。

話をそらして丸め込むのが異様に上手くて、元彼の言動に抗議しても最後は必ず
「(私)の悪い所を治す」
で終わる。
「喘息なので私の前でタバコを吸うのを止めてくれ」と言う話が、
「(私)がタバコを大好きになって、『吸ってください』と言って(元彼)のタバコ代を出す」
で上手くまとまったのには笑った。

30歳超えてたけど、根は子供の頃にいた意地悪な子そのままだった。
怒って騒いで突っかかってバカにして空回りさせて、聞こえよがしに悪口言って反応を見てはニヤニヤしてる子。
大人になった今は、第三者がいる前では借りてきた猫のように大人しくて聞き訳が良い別人を使い分けてる。
だからこそ、例え最初は被害者だったとしても、もう人格障害の域だと思う。


451: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)12:53:23 ID:kB4
>>450
それサイコパスってやつだよ
サイコパスの特徴で検索してごらん
逃げられてよかった

452: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)12:54:10 ID:Cp3
>>450
人格障害+発達障害グレーゾーンもしくは精神異常者だから縁切れて良かったね
この手の屑は遅かれ早かれ自分を棚に上げて逆恨みで死ぬ死ぬ詐欺失敗してセルフあぼーん。するから大丈夫だよ

453: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)13:19:18 ID:vs3
>>450
どのぐらいの期間付き合ってたのかわからないけど、そこまで実績積まないと『別れよう』とならないものなんだね

454: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)15:15:43 ID:kB4
>>453
あいつらは御しやすいと思った相手に執着するし、された方は判断が狂っていく

455: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)15:24:23 ID:4Ir
あいつらの嗅覚って侮れないよな・・・


456: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)17:32:00 ID:zcw
>>449>>450です。
レスありがとうございます。

調べてみましたが、どれも当てはまります。
元彼は私に別れ話をする前に、私の親友に先に根回ししていて
「俺は精一杯やったし十分やった、あいつもあいつなりに頑張ったんだと思うけど俺にはもう無理だ、辛すぎる」
と、理由を曖昧にしつつ私を悪者にしていたそうです。
元彼は知りませんが、実はその親友が
「(元彼)はおかしい」
と教えてくれたので、濡れ衣を着せられずに済みました。

一度だけ、元彼のあまりにも酷い言動を話し合った時、のらりくらりと矛先を変えようとするのを許さず、食い下がって問い詰めた事がありました。
その時、誤魔化しつつも最後は
「俺には我慢ができないんだ」
と、見たことない顔で吐き出すように言っていました。
自分でも自分の性格に悩み、治そうとしたけど治せず、
「これが自分の性分なんだ」
と諦めたそうです。
あれを思い出すと発達系のような気がしますが、それも計算だと言われればそれまでですし、正直、凡人の私にはわかりません。

ただ、サイコパスって頭が良いイメージですが、この元彼はネットで買い物をする方法を1年間教えても全く覚えませんでした。
他の事でも、興味がないと何十回教えても覚えません。
仕事もミスが多かったです。
ですが、とてつもなく口がうまいです。
いつの間にか矛先を向けられていて、話題もすり替えられて誘導され、誤魔化された印象すら残りませんでした。
まるで目の前にあるのに手も使わずに財布の中身をごっそり盗まれるような気分でした。

「なぜ早く別れないのか、気づかないのか」と聞かれましたが、
茹でガエルみたいなものです。
「あれ?」と思うけど、わざわざ言うほどでもないような違和感がじわじわ始まり、それがさも当然のような顔をされて、茹でガエルになってしまいました。



いいえ、とんでもございません
いいえ、とんでもございません