【閲覧注意】:汚話注意。

949: 名無しさん@おーぷん 2017/08/07(月)23:51:57 ID:rqs
あの頃は若かった、と遠い目をしつつ。


初彼・初彼女・初デート。
喫茶店で俯き気味に向かい合い、ぽつぽつと会話していた。

ウェイトレスさんがテーブルにコーヒーを置いた。
彼は間が持たなくなったのか、カップをつかんで一気にコーヒーをあおった。
コーヒーは、すごい熱々だった。




彼は一瞬で真っ赤になり、
「うっ」
と呻いて、口からコーヒーを吐き出した。
カップの中に。
一滴残らず。

状況は、10秒前と同じに戻った。
彼は水をガブガブっと飲み、
「はぁ」
と息をついて、
何事もなかったように、ぽつぽつと会話を続けた。
一度口の中に入り、再びカップに戻ったコーヒーを、彼は今度は少しずつ啜っていって、結局全部飲んだ。

恋が冷めたというか、私はあっけにとられて気持ちがどこかへ飛んで行ってしまった。

おわり。



僕は人生を巻き戻す