186. 名無しさん 2017年06月15日 21:06 ID:OLy688pw0
当方、アラフォー独女。
最近、FOして以来10年以上音信不通だった同級生と再会した。
この間まで交流があったかのような馴れ馴れしさにも苛ついたけど、ぐだぐだと一方的に話すには、
『結婚して近所に越してきたけど友人が出来ないから付き合いを復活させたい』
らしい。
愚痴という名の
(え?この歳になって結婚するまで、家事も冠婚葬祭の手伝いも何もしてなかったの?)
な内容の『大事にされてるアタシ』自慢にウヘァ状態になってたら、きましたよ。

「私子ちゃんは結婚しないのー?w」

(こいつの性格なら言うだろうな)
と予想はしていたので 、
「昔も言ったけど、私の両親はロクデナシだったから結婚に夢も希望も持てないし、そもそも男性が苦手だから」
と返したら
「相変わらず潔癖だねーwww」
と意味不明かつ腹立つことを言われた。

昔から何かと見下してきて、FOする前にも彼氏を作らない理由に同じこと言ったら
「そーゆーこと言う子に限ってさっさとデキ婚するんだよねーwww」
と無神経発言をする奴だったけど変わってない。
だから、何言ってんだってニュアンスを込めて
「はぁ?」
って顰めっ面をしたら
(あれ?)
みたいな顔になった。

「忘れてんだろうけど、私が男性苦手なのは実父に虐待されてたからだよ」
「でも、それじゃ結婚できな」
「しつこいよ。何なの」
「だ、だって……アタシの周りに『結婚したい』って言ってるくせに男を探す努力しない子が何人かいたから……」
「私は逆に結婚したくないって言ってるのに、なんでそういう人達と同じだと思ったの?」
「そ、そうだよね。私子ちゃんは違うよね」




187. 名無しさん 2017年06月15日 21:08 ID:OLy688pw0
それでも
「でも男嫌いのままなんて~」
とぐちゃぐちゃ煩い。
まさかコイツは私が強がってると思ってんのかと更に腹が立った。

「あのさ。男嫌いじゃなくたって、要介護老人付きのアラフォー女なんてマトモな貰い手あるわけないでしょ」
「え?経験者だからスムーズに出来るでしょ。すぐに相手が見付かるよ!」

更に
(はぁ?)
ですわ。

「それってもろ介護要員じゃない。血の繋がった祖父母でも苦労したのに他人の介護なんてしたくない」
「他人の方が割り切れるんじゃないの?」
「あのさぁ。
私 は 介 護 を し た く な い の。
祖父母のことは養子の義務としてやってるだけ」
「でも孫なんだから優しくしてもらえてるんでしょ?」
「孫だから遠慮なしにワガママ放題で言うこと聞かないんだよ。おかげで一時期うつ病になった」

その後も、
「じゃあ預ければ」→「入居施設は200人待ち(※事実)」
「誰かに手伝ってもらえば」→「そんな奇特な人は存在しない」
「じゃあヘルパーを」→「その金は誰が出すんだ」
「そんなこと言ってたら相手は見つからない」→「私は結婚したくないんだっつーの」
てな感じに彼女の主張をことごとく潰していったら段々と大人しくなったので、
「もうこんな不愉快なこと言うな」
と言ってその場を去った。
しかし、ここまで言っても理解も納得もしてない様子だった。

188. 名無しさん 2017年06月15日 21:09 ID:OLy688pw0
学生時代、家事の話になった時
「えー私子ちゃんって掃除も洗濯も自分でしてるの?えらいねーw
アタシみーんなお母さんがしてくれるからやったことなーいwww」

って言っててドン引きした記憶があるけど、どうやら大事にされ過ぎて現実の世知辛さってものを知らないままアラフォーになってしまったようだ。
「前の会社は周りの当たりがキツくなって辞めた」
と言っていたけど、あれじゃ色々とお察しだわ。
一回り年上の旦那さんも苦労してそうだな。

ちなみにFOの理由は↓
・人混みが苦手だからと渋る私を強引に祭に連れていく。
・案の定すごい人混みではぐれる。想定内だったので『はぐれたらここで待ち合わせ』と決めていた時間と場所に来ない。
・あの人混みだから多少の遅れは仕方ないと、携帯に先に着いている旨のメールをする。
・連絡なし。携帯握りしめながら10分おきにメールや電話をするが反応なし。
・それを6回やったところで『先に帰る』と連絡して本当に帰った。
・その後、彼女からのリアクションは全く無し。暫くしてから友人から流れてきた情報でナンパしてきた男と遊んでいたことを知る。
・それならそうとメールなり留守電なりに連絡してくれれば1時間も待たずに済んだのに!つーか強引に連れてきてふざけんな!
という経緯。
その後は彼女からも連絡が途絶えたのでお互いにFOしたんだと思ってたけど、潔癖って言葉からして、彼女は「(私)が『男と遊んでいた』から怒ったんだ」と勘違いしてるんじゃなかろうか。
だとしたらアホだわ。

さんざん殴って恐怖心を植え付けてくれたクソ父も、そんなのと結婚して離婚したら『子供イラネ』と放り出したバカ母も最早どうでもいい。
けど、そんな私を引き取ってくれた祖父母の認知症と障害者様のコンビは本当に辛かった。

彼女にそれを理解しろと言っても無理だろうから、付き合うなんて御免だよ。

189. 名無しさん 2017年06月15日 21:19 ID:OLy688pw0
ちょっと捕捉。
こんな彼女の相手をしてしまったのは『結婚したなら多少はマトモになってるのかな?』という期待と興味から。
ご覧の通り、無駄な時間を過ごしてしまったけれど。

この会話以来、よそよそしくなってくれて平和です。



お断り―鎌倉河岸捕物控〈29の巻〉 (時代小説文庫)