727: 名無しさん@おーぷん 2017/06/03(土)02:38:05 ID:y6A
(元)友人A子が頭おかしかった。

不倫相手とデートや旅行に行くのに、
「(私や友人B子)と行く」
と、旦那さんに嘘をついていた。
あまりに頻繁なので不審に思った旦那さんが、私とB子に問い合わせてきて、私達は全然知らなかったからあっさりばれて、A子は離婚された(子供はいない)。
A子に
「話を合わせてくれればよかったのに!」
と激怒されたが、だったら事前に私達に根回ししとけよ(断るけどな)。
それだけなら「友やめ話」なんだが。




数年後、B子の結婚式で。
私は披露宴と二次会に招かれてて、二次会のレストランへ移動したら、
店の前にお腹の大きなA子が、3~4歳の幼児の手を引いて立っていた。

A子とは上記の騒ぎ以来お互い連絡してなかったので驚いた。
A子はにこにこして手を振って
「(私)ちゃん久しぶり、これうちの子、それからこれ(お腹を指して)2人目」
私が
「ふうん、じゃ、さよなら」
と受け流して店に入ろうとしたら、A子、
「ねえねえ、私、店に入れてもらえないみたいだからさ、(私)ちゃんにお願い、
私とこの子の分の食べ物と飲み物を、ここに持ってきてくれないかな」
「は?」
「今日暑いから喉乾いたし、飲み物は冷たいのがいいな」
「無理」
と押しのけて店に入った。

店内でB子に
「A子が子連れで来てる」
と教えたら
「知ってる」
と。
私が来る前にA子が受付で「入れてくれ」と騒いで、追い出されたそうだ。
二次会が終わって外に出ると、A子達はいなかった。

幼児とお腹の子は誰の子だろうとか、二次会の情報はどこから漏れたんだろうとか、謎は多いが私もB子も追究する気はない(関わりたくない)。
それより、レストランの前はふつうに道路で人も車も行き交っているのに、そんなところで飲み食いするつもりだったのかと、その神経が一番わからなかった。



古事記(KOJIKI)シリーズ 防水・UV加工シール むりむり