539: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)13:39:41 ID:???
義実家は田舎。
私も県は違うけど田舎出身。
私も夫もやりたいことがあって、そのためには東京に出た方が都合が良かったので上京し働いて、友人の紹介で知り合い結婚した。
今も共働き。
「子供はこれから」と話し合っている。

私たちが結婚したとき、年の離れた義妹は地元のそこそこの進学校に通っていた。
披露宴の間中ずっと親族席でスマホをいじってる(気づいた義両親に叱られて涙目になってた)ような子だったけど、潔癖なお年頃だしそんなものかなと思っていた。

そんな義妹も今年20歳。
地元の国立大を受験して、二浪して現在にいたる。
今年も志望校(地元国立)に合格できなかった。
当初の約束通り三浪はしないで働くことになったのだが、義両親を毒親扱いして家でブーたれている。

義妹は
「誰にも言ってなかったけど、本当はお兄ちゃん(私の夫)みたいに東京の大学に行きたかった」
んだって。
「でも誰も勧めてくれなかった。子供の気持ちをわかっていない毒親だ」
だそうだ。
頑なに地元の国立しか受験しなかったのは義妹自身だし、結婚して数回しか会ってない私にも、ことあるごとに
「東京の人は冷たいんでしょう」
とか
「地元は何もないけど人間が暖かくて云々」
とか言ってたから、てっきり地元から出たくないものだと思ってたし、夫もそう思っていた。
顔を合わせる為に唾を飛ばす勢いで東京をディスられていたわけだから、まさかそれが
(((((家を出たい、東京に行きたい)))))
というメッセージだなんて気づかなかった。
言葉通り受け取って、
「お兄さんを東京にとられたと思ってるのかな」
とか
「私のことが気に入らないけど直接言えないから東京の悪口を言ってるのかな」
くらいに思っていた。
でも違っていたらしい。
「憧れの裏返しだった」
と。

知らんがな。




540: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)13:40:18 ID:???
義両親のことも、
「頑な自分の気持ちを察して私に向いている東京の大学を調べて受験のお膳立てをしてくれるのが普通の親で、そうじゃないから毒親だ」
って。
ちなみにそうやって大学合格した後は
「20万(家賃学費別)の仕送りで大学生活をさせてもらえてやっと普通の親だ」
と。
そういう生活をしている子が義妹の同級生にいるらしいんだけど、地元でも有名な資産家(大地主)の娘。
地元じゃ名字を聞くだけで「ああ、あの地主の家か」てわかるほどの超有名人。
義父は地方公務員で、義母はパートしてたけど昨年腰を痛めてからは専業。
どう考えてもあっちの親が普通とはいえないし、義両親に求めるのは酷すぎる。
バイトもしないで二浪させてくれただけでも、ありがたい両親だと私は思うんだけど。

夫は夢があってそのために自分で行ける大学を調べて、両親に
「最低限の仕送りだけしてほしい、あとはバイトで賄う」
とプレゼンして許可を貰って、その通りにした人。
私は家を出るまで紆余曲折あったけど「親に察しろ」とかそんなことは言えなかった。

義妹の場合は受験失敗したんだから、これからは自己責任で頑張って両親に恩返しするくらいの気持ちで働いたってバチの一つも当たらないのでは…と、私は思っただけで言わないでいたけど、夫は
「甘えんな」
って、本人に言っちゃった。

「お兄ちゃんだけは私の味方してくれると思ったのに!」
って泣きわめいていたけど、その「味方」っていうのもよくよく聞くと
「『東京で働くために我が家に居候してもいいよ』と言ってくれること」
だった。
なのでさらに義両親を呆れさせ、夫の怒りに油を注いだ。

「東京に行きたい、住みたい」
というだけで特にやりたい仕事があるわけでもない。
ただ
「コミュ障だから接客や営業は無理、デスクワークがしたい」
と。
「高卒で職歴無しの20歳がどんなデスクワークをするのか」
と義父が聞いたが、答えない。
「デスクワークだって電話とらなきゃいけないんだぞ、コミュ障とか自分で言ってるうちは無理だ」
って夫が言ったら、またシクシクメソメソ。

結局のところ、
「二浪した挙句地元で働いてるところを学生生活を謳歌している同級生に見られるのがイヤだから、誰も知らない場所でリセットして新生活をはじめたい」
ってことのようだった。
そこでピコーンときた義母が
「だったら○○叔父さんの農園(隣県の山奥)手伝う?
身内と野生の動物くらいしか顔を合わせなくて済むわよ!」

と言ったら、また泣いていた。
○○叔父さんというのは義母方の親戚で、山奥の農園で高級フルーツを作っていて、閑散期には海外に二週間くらい遊びに行っちゃうようなセレブ農家らしい。
山奥だけど豪邸が建っていて、義妹くらい居候してもまったく問題ないという。
たぶんそうじゃないんだよ、お義母さんw

541: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)13:40:40 ID:???
義妹は今までのお小遣いやお年玉もあったら「ゲームだDVDだ」と使い切っちゃってたみたいだから、家を出て自活する資金もない。
とりあえず自分でバイトを探して、それができないなら義父の知り合いの会社で事務のバイトをするということで話は決着した。
「東京に行くなら自分で働いたお金を貯めてから。
毒親呼ばわりするならすればいい。
そのかわり自分の食事、洗濯、掃除は自分ですること。
都合の良い時だけ『毒親』の手を借りるな」

と。
義妹はまだ何かぐずぐず言ってたが放って帰ってきた。
夫のLINEには今も恨み言が届いていて、夫は
「へー」
とか
「ふーん」
といったスタンプだけ返している。


ただ、義妹に言い忘れたことがあった。

私と夫が住んでいるのは東京じゃない、川崎だ。
東京じゃなくて残念だったな!



知らざあ言って聞かせやしょう―心に響く歌舞伎の名せりふ―(新潮新書)