866: 名無しさん@おーぷん 2017/04/05(水)19:03:12 ID:zox
同僚A子は、ネットで言うところの略奪好き相談女だった。
このA子の仕事上のトラブルを解決してやったら、なぜか懐かれた。
私は喪女だったので、A子に取られるような彼氏もおらず、実害なかったから程々に付き合っていた。

ある時、友達B子の誘いで合コンに行くことになった。
そこで知り合ったC男と映画を観に行く約束をして、ちょっといい感じになった。
喪女ゆえ何かあったってわけじゃないんだが何回か会っていた。

そのC男と会社前で待ち合わせしていた時、偶然A子と遭遇した。




翌日A子が近づいて来て、
「アレ駄目だよ、やめた方がいいよあの男」
とニヤっと言った。
「私良い方はわかんないけど、
悪い方の男はすぐわかるんだぁ」
と。
なんかわかんないけど、すごく説得力のある言い方だった。

B子に
「C男のことがちょっとひっかかる…」
程度に相談したら、半月くらいしてB子に平謝りされた。
C男、単身赴任中の既婚者だった。
というか合コンに来てた男全員既婚者だった。
男性陣は皆B子の男友達が勤務する会社の先輩で、この男友達もグル。
未婚のスレてない女を斡旋して何か見返りもらってたらしい。

後日、A子にお礼を言ったら
「私が落とせそうなシモユルの男は一目でわかるんだよね」
「でもわかるのは落とせそうかそうでないかだけで、良い男の見分けはつかない」
「私が好きなのはC男みたいな穴がありゃいい男じゃなくて、シモユルのくせに自分を優しいと思いこんでるダメな男。そういうの大好物」

と得意げに語られた。

(『自分の獲物かそうでないか』だけ一目でわかるって野生動物かよ)
と衝撃だった。



既製品「ありがとうございました。」黒ねこブラザースタンプ印字面27×27mmインク黒色SNM-03030063